高齢者と行く道後温泉の旅 ”無理のないスケジュールで楽しもう♪”1日目

こんにちわjunnyです

今回の旅日記は いつもの相方さんとの2人旅ではなく

高齢の親戚のおじちゃん&おばちゃんと4人で行く

おもてなし旅行です。

 

行先は 定番の愛媛の道後温泉

約1年ぶりの愛媛訪問です

 

2人で行く愛媛旅行は5回 相方さんは10回以上も訪れるという愛媛びいきの

私達ですが、 今回連れていくおじちゃんおばちゃんは 初めてなのでとても楽しみにしてくれていました。

 

ただ・・ この2人 年齢的には 80歳には満たないのでそこまでの高齢ではないのですが

肉体的に 配慮が必要な2人です

 

・おじちゃん

体が弱く体力無し 歯が1本しかないのと胃がないということで食欲がいまいち

・おばちゃん

リウマチ性の骨変形の為 長距離の歩行は困難 食欲もおじさんほどではないけどいまいち

 

そんな2人を連れていく旅行の様子をお届けします

 

旅行のスケジュール 宿えらび

【行先選び】

まず最初に どこへ行くかを考えた時に

あまりに近すぎると旅行気分を味わえないし 遠すぎても負担がかかる

ということで、行先は

広島県の東部に近い自宅から比較的近い愛媛県の道後に決定

私達も馴染みがあり 勝手が分かるので おもてなし旅行としは

ちょうどよい行先でした

 

 

【宿選び】

次に大事なのが 宿選び

道後温泉に入らせてあげたいという気持ちはあれど

道後温泉の本館は勿論の事 ホテル内の大浴場も難しいので

貸切風呂があるホテルが必須でした

 

そして出来れば 道後温泉街まで歩いていける距離にあること

更に 金額的に高すぎない宿 となると

なかなかこの条件が全て揃ってるというのは難しかったので

 

妥協点として 道後温泉までの距離を諦めて

 

予算内に収まって、なおかつ貸切風呂がある宿として

道後プリンスホテルに決定しました。

 

 

【スケジュール】

あちこちの観光地をうろうろと見て回る というのは難しいので

 

・しまなみ街道を通過する体験をしてもらうこと

・貸切風呂で温泉に入ってもらうこと

・綺麗に盛り付けられた食事をしてもらうこと

・道後温泉街を実際に見て体感してもらうこと

 

これをメインとしてスケジュールを組みました

 

それ以外の観光もあまり負担をかけない程度の観光として

・車椅子で館内を移動できるタオル美術館

・TVCMで撮影された 天空の道とも呼ばれる UFOライン

 

そんな感じで 観光をしました。

 

1日目の様子

車の乗り降りが難しいので

木の踏み台を車に積んで いざ自宅までお迎え

押し車も荷物に積むので、汚れ防止にレジャーシートも準備してました

 

途中のトイレ休憩は必須↓

ついでにコーヒーとお茶も購入

 

 

しまなみ海道を渡るのも初めてとのこと

 

 

 

しまなみ街道にも 大浜PA→瀬戸田PA→上浦PA→来島海峡SA

と随所にPA、SAがありトイレ休憩には困りません

 

瀬戸田パーキングでトイレ休憩

 

 

乗り降りのステップは やっぱり必須です

 

 

車椅子の変わり手押し車に乗せて動かしてみましたが

やっぱりうまく運べませんね

 

 

こんな風に 外出することも全くない2人

テレビではなくリアルに瀬戸の島々を見ることが出来て喜んでました

 

 

 

 

今治ICを降りた後は  得得うどんへ直行

広島にも支店が あるようなのですが

自宅からは遠く生活圏内にはないので 愛媛に行った時の楽しみにしております

 

 

場所はここ

愛媛県内の支店は 今治支店、大西店、東予店

いつもだいたい今治支店へ行きます

 

 

得得うどん (今治店)

 

うどんなら おじちゃん&おばちゃんも食べられる

ここ得得うどんは 私達が愛媛を訪れる際には必ず立ち寄るのがここ最近の定番となってます

 

器が大きいけど うどんの量は普通で 無料で2玉、3玉と追加出来ます(メニューによる)

おあげがデカい!

おばちゃんも 歯がほとんどないので おあげは難しかったようです・・・

 

私はここでは初めて食べる かき揚げうどん

甘いさつまいもが入ってて美味しかったです

 

 

まだホテルに行くには早いので タオル美術館に来てみました

 

 

山の中にポツンと建つ タオル美術館 本館

可愛らしい建物が特徴です

 

 

中では車椅子もあります

 

ただ、2階にある お土産コーナーへは一般用のエレベーターでは行けないので

従業員用(業務用)のエレベーターを使用します

従業員の方に声かけるとそこまで案内してくれます

 

 

さて 少し早いけど ホテルへ向かいます

タオル美術館から道後の町までは約 1時間

 

 

本当はのんびりと海沿いドライブで行きたかったのですが

やはり少々遠回りになるので 普通の山越えルートで移動しまた。

 

 

道後プリンスは 道後温泉本館からは少し離れてますが

元気な若い子なら余裕で徒歩圏内です

 

道後温泉本館や飛鳥の湯まで連れて行ってくれるバスもあるようなので

それを利用するのも手です↓↓

 

※道後プリンスホテル 公式サイトより

 

 

 

さあ 無事に着きました

 

とりあえず ホテルの前に車は停めることが出来ますが

数台しか停められないので ホテルの方に鍵をお渡しして

別の広い駐車場へと移動してもらいました。

 

 

おじちゃん おばちゃん 長旅お疲れ様~

ホっと一息の瞬間

※2人とも嬉しそうな素敵な笑顔なので そのまま掲載させてもらいました

 

お部屋で少し休憩した後は早速 温泉に入ります

 

同じフロアーに大浴場があったので便利でした

 

 

おじちゃん達は 貸切風呂を借りました

予約は事前ではなく ホテルチェックインの際に予約します

 

お風呂上りに フリードリンクコーナーにて

名物 蛇口みかんジュースをたっぷり頂きました

 

 

この後 余裕があれば 道後の町まで行こうと思ってましたが

 

2人ともお疲れのようだったので そのままお部屋でのんびり過ごしました

 

お楽しみの夕飯

 

おばちゃんはお肉が全く食べられず お魚は好きだけど刺身がダメ

なので あまり食べられるものがないのですが

 

それでも小鉢のものとか お野菜など綺麗に盛り付けられた料理を堪能してました

 

 

1日目はとにかく 移動がメインで終わりました

 

やはり年配以上になると、車に乗ってるだけでもかなり 疲れるので

体調面などの様子を本人に聞きながら 無理しないようにしました。

 

2日目に続く

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました