スポンサーリンク

■中国地方の全温泉リスト

 中国地方の温泉一覧
島根の温泉
広島の温泉 山口の温泉 岡山の温泉 鳥取の温泉
温泉体験一覧MAP 宿体験一覧MAP junnyの旅行記一覧 お役立ち情報 温泉雑記

■【地域別カテゴリーから記事を探す】

■ お知らせ 新着情報など

・NEW!9/28【連休で行く道後温泉グループ旅行】
・9/14【初めてさんの松江&出雲旅行】出雲大社/島根ワイナリー/松江フォーゲルパーク/玉造温泉
・8/10【山口 車中泊温泉旅 一ノ俣温泉】”晴天に映える角島と元乃隅稲成神社
・8/3 【山口の温泉体験レポート】一ノ俣温泉荘
・2019/7/20車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー設計の貸切風呂がある温泉施設【島根】
・ 2019/7/13【山口の温泉体験レポート】柚木慈生温泉 更新
・ 2019/7/6 車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー対応の【島根】の温泉施設 その①
・2019/6/22三朝温泉にある足湯&飲泉が出来るスポット(全5ヵ所)
・2019/6/15夏におすすめ!中国地方の温泉10選更新
・2019/6/14山口周防大島 竜崎温泉体験レポート更新
・2019/6/8広島→有馬温泉&姫路城 車中泊旅 更新
・新着 岡山県の秘湯9選のページ追加しました

・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行2日目 更新
・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行1日目 更新
・2019/5鳥取 はわい温泉&東郷温泉 【七福神の湯】足湯巡り 更新
・2019/5湯の川温泉 ひかわ美人の湯温泉体験レポート 更新
・2019/5/24 上斎原温泉 国民宿舎いつきの温泉宿体験レポート 更新
・2019/5/23 岡山のとろ温泉 天空の湯 温泉体験レポート 更新
2019/5/ 岡山 真賀温泉館 温泉体験レポート

【広島⇒兵庫 有馬温泉&姫路城 車中泊旅】”突然思い立って出発!いきなり温泉旅♪”

こんにちjunnyです。

今回は2019/5月上旬に行ってきた “広島→兵庫 有馬温泉&姫路城 車中泊旅”の記事です。

2019/5のGWは10連休と長いお休みとなりました。

といっても私は夜のバイトこそなかったものの、昼のお仕事は普通にあったので特に大きな変化もなく、世間様の旅行やレジャーを楽しむ様子を指をくわえて見てました。

そんなGWも最後の日曜に全くの予定外の有馬温泉に突然思い付きで行ってきました。

日帰りのような1泊のような そんな有馬温泉旅の日記をはじめます

 

目次

  1. プチ温泉旅の始まりは突然に
  2. 広島→兵庫 夜中の移動 到着まで
  3. コンビニ車中泊 いざ六甲山へ
  4. 早朝の六甲山はもんわり霧景色
  5. 六甲山から有馬温泉へついに初潜入!有馬温泉
  6. 眩しい白さ!姫路城
  7. 旅のまとめ

プチ温泉旅の始まりは突然に

その日は突然にやってきました。

5/5(日曜)この日、お仕事はあったのですが世間様の浮かれた姿を見てちょっとこのまま仕事するのも辛いよね・・・とおさぼりモード突入。

さっさとお仕事を辞めて、のんびりすることにしました。

相方さんはバイクで加田温泉へ そして私は室内の整理整頓やパソコンとにらめっこという感じでお互い別々に過ごし有意義な時間を過ごしました。

そして夜になり、さてそろそろ寝ましょうか~という頃 その時刻

夜の21時半過ぎ

相方さんが突然

『今から有馬温泉行こうか?』

そんなことを言い出しました。

当然私は

『(。´-ω・)ン?』

広島から兵庫県の有馬温泉?? しかも夜の9時半で突然・・・

相方さんも昼間は二時間近くも離れた場所に既に温泉に入りにいったばかりだし、最初は冗談かと思ったら相方さんは本気のご様子。

私はすでにパジャマも着て寝る気まんまんの状態

はてさて???? どうしよう??

結果・・・↓

行くことに決定

そして行くことを決めた15分後には車に乗り込み出発しました。

まあ 荷物はせいぜい タオルと下着とメイク用品ぐらいですので着替えて荷物を準備すれば身あっという間です。

そんな感じで “広島から日帰り有馬温泉プチ旅行(車中泊)”がスタートしました。

広島→兵庫 夜中の移動 到着まで

突然の有馬温泉旅に行く決め手というか条件は

行く道中は相方さんが運転すること

元々運転は好きだったけど、近年長時間の運転は以前ほど得意ではなくなってきた私

しかも夜の運転はなんだか判断能力が鈍って更に苦手。(年齢を感じます・・)

ということで 運転席ポジョンはお願いしました。

まあ言い出しっぺなのでこれぐらいはお願いしたいものです。

高速道路は使わずに ひたすら国道をずんずん進み、案外あっという間に姫路に入りました。

姫路のバイパスを外れた場所のコンビニに到着したのが夜中の3時過ぎぐらいだったでしょうか

運転お疲れ様です。 二人ともそのまま 座席を軽く倒した程度であっという間に眠りの世界に入りました。

コンビニ車中泊 いざ六甲山へ

7時頃目が覚めて 目の前にはセブンイレブン。

うーん いい目覚めです。

特にトイレに行くこともなく完全に爆睡してしまいましたね。

SAとは違いコンビニだと多少人目が気になる場所なので、あまり疲れてなければ ちょっと寝れなかったかもしれません。

とりあえずそのままホットコーヒーとパンを買って朝食タイム。

真夏や冬ではないのでエアコンを夜通しかける必要もなく旅館やビジホよりは安く済みました。

もう明るいのでここからは私が運転バトンタッチ。

目指すは有馬温泉 のつもりでしたが、まだちょっと早いしせっかくなので六甲山の方に上がってみることにしました。

早朝の六甲山はもんわり霧景色

この日は5月6日でまだ祭日。

土日祝日はもちろん GWはかなり混雑するようですが、さすがにこの時間(8時未満)は人もいないだろうと早速六甲山めがけて車を走らせました。

お土産館の前に車を停めてみました。

本来は駐車場は有料ですが まだ開店時間前だったので ちょっとしたスペースに停めさせてもらったという感じです。(普通車 500円 二輪 300円)

お手洗いを借りて、裏の展望デッキに行ってみると

驚くほど真っ白けの霧に囲まれた景色です。夜景はさぞかし綺麗なことでしょうね~。

六甲山から有馬温泉へついに初潜入!有馬温泉

有馬温泉初潜入~

でも実際どこに車を停めていいのか分からず 温泉街をぐるぐるしてると駐車場を見つけました。

後に調べてみると池坊駐車場だったようです。
(平日、土曜1時間300円最大1,200円/日祝1時間400円最大2,000円

金の湯からも近かったのでちょうど良かったです。

朝から入れる 日帰り温泉 金の湯

有馬温泉行こうとはりきって来たものの どこに入るかを決めてなかった私達。

有馬温泉の日帰り温泉は旅館などのも含めると沢山あるけど、到着したのがまだ8時過ぎ。

宿の日帰り入浴はたいてい10時からや昼からとかが多いので、朝早くからやってる日帰り入浴は数が限られます。

有馬温泉で早朝からやってるのは

金の湯 (きんのゆ)

銀の湯 (ぎんのゆ)
いずれも共同浴場なのでお値段もリーズナブルです

ただ、開始時間に差があり、金の湯が8時からやってるのに対して銀の湯は9時からと1時間遅いオープンです。

今回は金の湯に入ることになりましたが 有馬温泉は全くのノーチェックだったので私はそのお湯の色に驚きました!

 

※有馬温泉 金の湯公式サイトより出典

この濃い赤茶褐色! 色味もかなり赤に近い初めて見るお湯の色です。

有馬温泉は源泉が 金泉 銀泉と2種類あり、この濃い赤茶色のお湯が金泉なのだそう。

お湯をすくい上げ 体にたら~とかけてみると 色のついた濁ったお湯が体をつたいます。

濃い色のお湯の温泉には入ったことはあるけどここまで濃いのは初めて。

人気の理由が分る気がします。

 

有馬温泉街の様子

お風呂上りに有馬温泉街をふらっとお散歩

ちょうど人がいないのを見はからって撮影しましたが、実際はまだ朝早いというのに結構人はいました。

 

金の湯のすぐ隣には こんな湧出場が

太閤の泉(たいこうのいずみ)  てっきり飲泉場かと思ったら飲めませんと書かれてました。
(さらにリサーチしてみると以前は飲めてたようでコップなどがぶら下がってる画像がありました)

更にすぐ近くには足湯も↓↓

足湯だけでも健康になりそうな濃厚にごり湯。 タオルも茶色になるので濃い色のタオルを準備しておいたほうがよさそうです。

温泉街を少し歩いてると有料トイレを発見。

世間知らずなので国内にこんな有料トイレがあるの知りませんでしたが 観光客に対してトイレの数が少ないようなところでは結構あるみたいですね。

有馬温泉周囲のトイレNAVI
※ NAVITIMEサイトへと飛びます

 

でた! ご当地ソフトクリーム。

源泉塩を利用したキャラメル味のソフトクリームです。

とりあえず旅に出たらこれは必須でしょう~と あさっぱらから頂きました♪

眩しい白さ!姫路城

念願の有馬温泉を堪能して お次はこれも以前から行ってみたいと願っていた姫路城に行くことに。

もうここ有馬まで来たなら立ち寄らない理由は全くないですね。

 

綺麗な白さが大きな特徴の姫路城。

大昔 まだ小学生だったころ 今から30年以上も前に姉の嫁ぎ先の赤穂にお邪魔した時に一度来たきりです。

すっかりお色直しして綺麗になった姫路城は今や 世界遺産にも登録され、その美しさから人気ランキングや訪問ランキグなどでは常にトップ3に入るほどのお城となりました。

この日は月曜でもGWの最終日 予想通り混雑してました。

内部ではあまりパシャパシャと撮影は難しかったのですが とりあえず最上階の長壁神社(おさかべじんじゃ)だけ撮影。

人が多いのでどうしても誰かが映り込んでしまいます。

この神社も ずらーーーっと長い行列でした。

お盆に行った松江城の時に比べると暑苦しさはなかったけどとにかく人が多いのでやはり夏場の場内見学はアウトですね。 まだ5月初めで 今年のGWは例年よりはあまり暑くなかったのは幸いでした。

それでも人混みは息苦しくて 城外に出るとホッとしました。

 

この時期に咲く可愛い シャガの花はお城の周りに咲いてました。
私にとって思い出深いお花なので なんだか嬉しい気分。

ここは お菊の井戸。 昔聞いたことのある怪談話にある 播州皿屋敷の現場はここなんですね。

知りませんでした。

井戸の中の写真はちょっと怖くて撮れませんでした。(超怖がり気質なもので・・・)

姫路城を出たら もう後は帰るだけ。

遅く帰ってもいいし 他にも立ち寄ろうか?という話も出ましたが特にもう目的もなかったのでそのまま広島まで帰りました。

なんだかんだと明るいうちに帰れてしまったけど ちょっと勿体なかったかもれしません。

旅のまとめ

車中泊(ほぼ日帰り)の有馬温泉&姫路城見学の旅をまとめてみます。

移動距離&時間

1.広島→姫路市内    5時間(240km)
(※有料道路使用だと3時間)
2.姫路市内→六甲山   1時間40分(75km)
(※有料道路使用だと1時間)
3.六甲山→有馬温泉    20分(12km)
(※有料道路使用だと14分)
4.有馬温泉→姫路城    1時間半(60km)
(※有料道路使用だと1時間)
5.姫路城→広島      5時間(240km)
(※有料道路使用だと3時間)

以上 移動時間合計 約13時間半 
移動距離合計 約627km

※尚、もし移動時間を短縮するために有料道路を使用した場合は約5時間ぐらいは短縮することが可能です

費用

ガソリン 3,000円
入湯料  1,300円
セブン   500円
入城料  2,000円
合計   5,800円

旅の感想 まとめ

今回は九州ぐるり1周旅行以来の車中泊でのプチ旅でした。

元々行く予定もなかったので手荷物もせいぜいタオルとメイク道具ぐらいで旅らしくはありませんでしたが それでも1泊2日並みの充実感はありました。

有馬温泉は宿が高いので なかなか行くことが難しいというイメージがあり今まで行けずじまいでしたが今回は相方さんが思い立ったことにより実現化しました。

確かに 別に宿泊しなくても夜遅くか朝早くに出て車中泊または日帰りにすれば そんなに気負うことなく費用かけずに遠出することは可能なんですよね。

元々のブログ名が お安く楽しく遊ぼう という名前だった通り そもそも私達はお金をかけずに旅行や遊びに行くというスタンスで休日を過ごしてましたが、近年ちょっと旅行の予算がじわじわと上がってきてたような気がします。

もちろんそれによっての旅の充実度合いも変わってくるのは事実なのですが、振り返ってみると無駄な部分も多分にあったかもと反省した昨年。

今年は普段の旅行は出来る限り予算をおさえて ここぞという旅行に予算を回そうと話がまとまりました。

とはいえ まさか急に思い立っての今回のような車中泊は予想してなかったので 驚きましたが これは大正解でしたね。

ということで 今後はこのような車中泊とか 朝早く出発して夜遅く帰るという感じのお出かけが増えそうです。

以上で 有馬温泉&姫路城車中泊旅行の日記を終わります♪

 

 

▲目次に戻る