スポンサーリンク

■中国地方の全温泉リスト

 中国地方の温泉一覧
島根の温泉
広島の温泉 山口の温泉 岡山の温泉 鳥取の温泉
温泉体験一覧MAP 宿体験一覧MAP junnyの旅行記一覧 お役立ち情報 温泉雑記

■【地域別カテゴリーから記事を探す】

■ お知らせ 新着情報など

・NEW!9/28【連休で行く道後温泉グループ旅行】
・9/14【初めてさんの松江&出雲旅行】出雲大社/島根ワイナリー/松江フォーゲルパーク/玉造温泉
・8/10【山口 車中泊温泉旅 一ノ俣温泉】”晴天に映える角島と元乃隅稲成神社
・8/3 【山口の温泉体験レポート】一ノ俣温泉荘
・2019/7/20車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー設計の貸切風呂がある温泉施設【島根】
・ 2019/7/13【山口の温泉体験レポート】柚木慈生温泉 更新
・ 2019/7/6 車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー対応の【島根】の温泉施設 その①
・2019/6/22三朝温泉にある足湯&飲泉が出来るスポット(全5ヵ所)
・2019/6/15夏におすすめ!中国地方の温泉10選更新
・2019/6/14山口周防大島 竜崎温泉体験レポート更新
・2019/6/8広島→有馬温泉&姫路城 車中泊旅 更新
・新着 岡山県の秘湯9選のページ追加しました

・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行2日目 更新
・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行1日目 更新
・2019/5鳥取 はわい温泉&東郷温泉 【七福神の湯】足湯巡り 更新
・2019/5湯の川温泉 ひかわ美人の湯温泉体験レポート 更新
・2019/5/24 上斎原温泉 国民宿舎いつきの温泉宿体験レポート 更新
・2019/5/23 岡山のとろ温泉 天空の湯 温泉体験レポート 更新
2019/5/ 岡山 真賀温泉館 温泉体験レポート

湯の瀬温泉(ゆのせおんせん)【岡山の温泉情報】”湯の瀬温泉旅館(藤井旅館)”

目次

  1. 温泉の概要
  2. 温泉データ
  3. 施設データとクチコミ
  4. 施設マップ
  5. まとめ

名湯にも負けない泉質!ツルツル白濁湯の”湯の瀬温泉”

湯の瀬温泉は岡山の中心 吉備地方に流れる豊岡川の川床から湧く温泉です。古くから湯治場として親しまれてきた小さな温泉地ですが、白濁でぬるりとしたその泉質の良さでありながら意外に知名度は低く人も少なく静かでひっそりとした雰囲気は秘湯とも呼べる温泉といえるでしょう。

 

湯の瀬温泉データ

温泉名 湯の瀬温泉(ゆのせおんせん)
泉質 アルカリ性単純硫黄泉(硫黄鉱石アルカリ性単純泉)
ph 9.3
源泉温度 27.1℃
効能 関節痛 神経痛 慢性消化器病など
色 匂い 無色透明(かすかに白濁) 硫黄の臭いがします
温泉の利用法 源泉掛け流し 加温 飲用可能

 

湯の瀬温泉施設データとクチコミ

 湯の瀬温泉旅館の基本データ ↓
湯の瀬温泉 湯の瀬温泉旅館 (ゆのせおんせん ゆのせおんせんりょかん)
(別名 藤井旅館)

お風呂の種類 :檜風呂
日帰り料金  :大人600円 子供400円
営業時間   :9時~21時
定休日    : -
住所     :加賀郡吉備中央町豊岡下1538-1
電話番号   :0867-35-0539
施設HP : -
アクセス :岡山自動車道賀陽IC30分
その他   : 1泊2食 9,500円~/洗い場、シャワーのお湯も温泉です
■ 湯の瀬温泉旅館のクチコミ   ※じゃらん より
・20代女性 近くにある小森温泉と泉質が似てます。山の中ですが意外と人がいました★5つ
・50代女性 硫黄の臭いがするということで行ってみました。湯の花が本格に感じました★5つ
・40代男性 あせもでただれた皮膚がよくなりました。ご主人の対応も良かったです★4つ

湯の瀬温泉周囲の様子

川を挟んで対岸にはキャンプ場 藤井旅館と書かれてます




湯の瀬温泉旅館 施設マップ

湯の瀬温泉のまとめ

小森温泉の近くにある湯の瀬温泉は小森温泉同様、知名度はあまり高くなく、地元の方や温泉愛好家などに密かに知られる温泉です。

そんなひっそりとした小さな温泉ではありながらも実際のその泉質は意外にも良質でツルツル度も他の美人湯とひけをとらないほどだそうです。

かすかに白濁した色も温泉らしくて期待感が高まります。

日帰りで利用する方が多いですが旅館と名前があるだけにもちろん宿泊もOK。

ただ、こちらの温泉の情報は非常に少なく、泊まった方のクチコミなどは探し出せませんでした。

すぐ近くにはキャンプ場もあり、キャンパー達はお風呂はこちらを利用するようです。

泊りがけでお風呂を楽しみたいなら旅館に泊まるかキャンプをするか、または少し離れた場所にある小森温泉の方で泊まるという手もあります。(温泉のはしごも出来ますしね)

因みにネットで調べると、湯の瀬旅館と表記されてますが元々は藤井旅館という名前だったようで、実際に到着してみると入口の窓には藤井旅館と書かれてます。

湯の瀬温泉旅館を目指してたのにと、戸惑うかもしれませんがその建物で正解です。