スポンサーリンク

■中国地方の全温泉リスト

 中国地方の温泉一覧
島根の温泉
広島の温泉 山口の温泉 岡山の温泉 鳥取の温泉
温泉体験一覧MAP 宿体験一覧MAP junnyの旅行記一覧 お役立ち情報 温泉雑記

■【地域別カテゴリーから記事を探す】

■ お知らせ 新着情報など

沖縄-今帰仁村の宿【民宿 おふく】”今帰仁のあったかおもてなし宿”

目次

  1. 宿泊プラン・費用
  2. 設備・部屋・サービス
  3. 周囲の様子
  4. 料理
  5. 泊まってみた感想
  6. 所在地・アクセス

宿泊プラン・費用

【予約サイト】

楽天トラベル(宿泊予約)

【宿泊プラン】

秋得 1泊2食

【部屋タイプ】

12畳の和室+6畳の食事部屋(禁煙)

【費用】

税込 2人14,000円(1人7,000円)

設備・部屋・サービス

中心地からは少し外れた住宅街にある民宿おふく

駐車場はこちらの宿舎の目の前にある母屋のほうに置かせてもらいます。

 

 

民宿は まるでおうちに遊びに行ったような気分にさせてくれるのがいいですよね。

 

 

玄関に入ると 今まで宿泊された方たちからのお手紙や写真など飾られてます。

こういうのも昔ながらの民宿と言う感じで素敵です。

 

部屋は6畳を2間続きに使える広々12畳のスペース

かなり ゆとりあるスペースで 2人で使うには勿体ないぐらいです。

しかも 更に奥のお隣のお部屋も食事する際に二人だけが使えるスペースとなってます。

その先は一つ部屋が空いて そのお隣がもう一組のカップルが泊まってました

 

ウェルカムドリンクのシークァーサージュース。

天然のしぼったようなフレッシュなジュースでした。

 

お風呂、トイレはもちろん共同ですが、宿泊人数は3組までなので混雑することもなく利用できました。

 

お風呂はおばあが沸かしてくれました↓

※楽天サイト施設情報より出典

 

 

周囲の様子

 

こちらも真正面にあった建物。

オーナーさんに聞いてみると 先代の(オーナーさんの祖父母世代)の家だそうです。

駐車場を置かせてもらった家のとこで現在はオーナーさん家族が暮らしており、宿泊棟は今回料理を作ったりお世話してくれたお母様が暮らしていた家。(可愛いワンちゃんが2匹いて 1匹は純血統種の琉球犬! )

親子三世代のおうちが集結する場所でもあったようです。

因みに次の世代のおうちは ここから離れた場所におうちを建てられたそうです。

やはり 若い世代は便利な場所に住んでしまって 田舎になればなるほど過疎化が進むのは仕方ないことなんでしょうね。

 

徒歩数分のところに こんなお店がありました

看板がまだ新しいので やってるのはやってるようですね。

 

 

さらに歩いて行くと 遠くに海が見えてきます

向かいに見えるのは 屋我地島(やがじしま)。

古宇利島に行く際に通る島です。

古宇利島までは25分程度 今帰仁城跡もそれぐらいなので 近隣の観光にも困りません。

 

料理

夕飯は おばあ手作りのボリューム満点 沖縄料理。

豚しゃぶは 高級なアグー豚利用なのに量がたっぷり。

お刺身に ゴーヤチャンプルと品数も多め。

 

この具だくさんの味噌汁も美味しかったぁ~

なんか ホッとするんですよね おばあちゃんが作った味噌汁って。

 

デザートはこれまた手作りの シークァーサーゼリー

お腹いっぱいになってご飯のお代わりできませんでした。

 

朝食はこちら↓

シンプルだけど 栄養満点の野菜たっぷりの おばあ手作り朝食。

人参しりしり大好きでよく作るんですけど こんなにふわっと美味しく出来ないのです。

やっぱり現地の人の料理にはかなわないなぁ・・・。

青菜の和え物もツルムラサキかな?と思ったらその一種の野菜で(名前は忘れました)めちゃ美味しかったです。

 

食後にはコーヒーまで頂きました

右側のは これまた手作りの紅イモきんとん。

パイナップルが刻んで入ってました。

 

泊まってみた感想

予約の際は、今帰仁方面で1泊2食付の安い民宿 という条件のみで選びました。

宿のクチコミなどは特に観ずに、とにかく安さ重視でしたが 全くいい意味で期待を裏切られました。

 

典型的な民宿らしい民宿で、料理も美味しく 適度にアットホームで静かな田舎の集落。

しかも部屋が予想以上の広さ。

私達の好み ど真ん中と言う感じの宿でした。

しかも 最後には こんなお土産まで↓

 

 

容器にいれられた 貝殻

 

なんていうんでしょうか・・・。

この貝殻にオーナーさんのおもてなしの心が全てつまったようなそんな感じのするお土産でした。

後に予約した楽天サイトの方でまたこちらの宿の情報を見てみると 宿泊された全てのお客さんへお土産として渡してるようです。

宿泊者の為にと海で拾ったり、容器に入れて準備してくださったりする様子を想像すると なんだかホロっときてしまう。

玄関に飾ってあったお手紙や写真の意味が分かった気がしました。

優しさ溢れる あったか宿。

今帰仁での宿泊の選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか♪

 

こんな方にお勧め♪

・ 北部の安い宿泊先を探してる

・ アットホームな宿が好き

・ 子供連れ

・ 大人数での宿泊

 

所在地・アクセス

【宿泊施設名】

民宿 おふく

【住所】

沖縄県国頭郡今帰仁村湧川1031

【電話番号】

0980-56-1011

【その他】

駐車場 3台無料(予約不要)

チェックイン 16時~24時

チェックアウト 10時

ウェルカムドリンクあり

ハブラシ等のアメニティあり

【地図】

▲目次に戻る