津波敷温泉(つばしきおんせん)【山口の温泉】 海浜荘

目次

  1. 温泉の概要
  2. 温泉データ
  3. 施設データとクチコミ
  4. 施設マップ
  5. まとめ

海の幸を堪能 玄界灘を見晴らす 静かな温泉宿“津波敷温泉 海浜荘”

津波敷温泉 は ”津波敷温泉 海浜荘”(つばしきおんせん かいひんそう)で入れる温泉で、本州の中では最西端に位置します。
日帰り入浴は行っておりませんが、目の前に広がる玄界灘を見ながらゆっくり静かに過ごせる宿で新鮮な魚介を堪能できる民宿は日ごろの疲れを癒してくれることでしょう

 

津波敷温泉データ

温泉名 津波敷温泉(つばしきおんせん)※源泉名 中村泉
泉質 低張性中性冷鉱泉(以前はラドン泉でしたが2020/1月の検査で含有量減少)
ph 6.9
源泉温度 17.2℃
効能
色 匂い 無色透明
温泉の利用法 加温 循環

※分析日S62年10月

温泉施設データとクチコミ

  津波敷温泉 海浜荘(つばしきおんせん かいひんそう) 基本情報
お風呂の種類 内風呂
日帰り料金  日帰り入浴なし
営業時間
定休日    
 -
住所
電話番号
山口県下関市豊北町神田上4209-4
0837-88-0310
休憩所      -
設備     ー
アメニティ    石鹸 シャンプー
駐車場      無料 10台
アクセス(公) 

アクセス(車)

JR山陽本線 長門二見駅よりタクシー5分(または駅からブルーライン交通肥中行きバスで7分 津波敷下車すぐ)
(角島まで車で15~20分)
施設HP   http://ww5.tiki.ne.jp/~tubasiki/
その他    コロナ対策あり GOTOキャンペーン対象
■ 津波敷温泉 海浜荘のクチコミ   ※個人サイト より
何といっても食事が良く 新鮮な海の幸が並ぶ。帰りに梅ジャムをいただきました
もう一度泊まりに行きたいです。 温泉grafitiより

※最終情報確認 2020/ 2010月

料理など




津波敷温泉 海浜荘 施設マップ

 

津波敷温泉 海浜荘のまとめ

津波敷温泉(海浜荘)は本州最西端という希少な場所にある温泉宿で 泉質は元々はラドン泉でしたが、現在は含有量が減少したため低張性中性冷鉱泉となってます。

お湯はサラっとした白湯で源泉温度が低いので加温は必須のようです

楽天トラベルには掲載されてましたが、現在はサイトでの予約は出来ないようです

口コミがほとんどなくやっと見つけたのが個人サイトの体験談だけでしたので詳細は分かりにくいのですが、目の前が玄界灘で新鮮な魚介類を料理として出してくれるので そこが大きなポイントの民宿のようです。

2020/10月現時点で公式サイトを覗いてみると コロナ対策のことにやGOTOトラベルキャンペーン

についての記載がありましたので 宿泊は可能のようです

※公式サイトに記述の内容↓

コロナ対策につきましては、5月の解除以来、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会及び観光庁、厚生省の指針による対応ガイドラインに沿い、入館時の検温、アルコール除菌の実施。 朝の御部屋、管内の窓の開放して定期的に空気の入れ替えをし、御部屋及び館内はオゾン発生器、次亜塩素酸水噴霧器などで除菌をして居ります。10月末まで御泊りは、一日二組或いは、総数16名以内に収め、又入浴に付きましては、各家族、グループごとに限りご案内致して居ります。

以上 宿のサイトより転載 津波敷温泉 海浜荘

 

▲目次に戻る

 

タイトルとURLをコピーしました