スポンサーリンク

■中国地方の全温泉リスト

 中国地方の温泉一覧
島根の温泉
広島の温泉 山口の温泉 岡山の温泉 鳥取の温泉
温泉体験一覧MAP 宿体験一覧MAP junnyの旅行記一覧 お役立ち情報 温泉雑記

■【地域別カテゴリーから記事を探す】

■ お知らせ 新着情報など

・NEW!11月 島根の宿口コミレビュー【湯之助の宿 長楽園】
・NEW!9/28【連休で行く道後温泉グループ旅行】
・9/14【初めてさんの松江&出雲旅行】出雲大社/島根ワイナリー/松江フォーゲルパーク/玉造温泉
・8/10【山口 車中泊温泉旅 一ノ俣温泉】”晴天に映える角島と元乃隅稲成神社
・8/3 【山口の温泉体験レポート】一ノ俣温泉荘
・2019/7/20車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー設計の貸切風呂がある温泉施設【島根】
・ 2019/7/13【山口の温泉体験レポート】柚木慈生温泉 更新
・ 2019/7/6 車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー対応の【島根】の温泉施設 その①
・2019/6/22三朝温泉にある足湯&飲泉が出来るスポット(全5ヵ所)
・2019/6/15夏におすすめ!中国地方の温泉10選更新
・2019/6/14山口周防大島 竜崎温泉体験レポート更新
・2019/6/8広島→有馬温泉&姫路城 車中泊旅 更新
・新着 岡山県の秘湯9選のページ追加しました

・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行2日目 更新
・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行1日目 更新
・2019/5鳥取 はわい温泉&東郷温泉 【七福神の湯】足湯巡り 更新
・2019/5湯の川温泉 ひかわ美人の湯温泉体験レポート 更新
・2019/5/24 上斎原温泉 国民宿舎いつきの温泉宿体験レポート 更新
・2019/5/23 岡山のとろ温泉 天空の湯 温泉体験レポート 更新
2019/5/ 岡山 真賀温泉館 温泉体験レポート

【バイクで行く山口-竜崎温泉&湯田温泉の旅】”秋吉台カルストロードを走る”

こんにちわjunnyです

今回は2018/6月上旬に日帰り予定で急遽宿泊した山口の温泉旅行記です。

バイクで山口の温泉に日帰りのつもりだったので荷物はサイフと携帯がかろうじて入る小さなリュック、という軽装での宿泊でした。

5月に山陰旅行を終えたばかりだったので当分旅行は自粛と思ってたけど 少しでも遠出するとやっぱり泊まりたくなってしまうものです。

その後また同じことを愛媛日帰り予定の際にやってしまいました ↓

大山祇神社と石鎚山と道後バイク旅行記

結果として2つの温泉に入ることが出来たのでヨシとしましたが ちょっと調子に乗り過ぎかな・・・とヒヤヒヤでした。

 

目次

  1. 豪華寝台列車 ”瑞風” 目撃!
  2. 竜崎温泉と道の駅とうわ
  3. 温泉のはしご スーパーホテル湯田温泉
  4. バイクで走りたかった秋吉台の道
  5. 道の駅ソレーネ周南
  6. 旅のまとめ・費用

 

豪華寝台列車 “瑞風” 目撃!

バイク日和の朝 張り切ってバイクを走らせ、広島から山口方面へと向かいました。

目指すは 周防大島(すおうおおしま)にある

竜崎温泉 潮風の湯(りゅうざきおんせん しおかぜのゆ)

 

以前、この温泉を目指して行ったときに定休日のため、同じ周防大島内の別の温泉施設

“片添ヶ浜温泉 遊湯ランド”の方に入って帰りました。

今回はそのリベンジということで定休日ではない 日曜日に昼間の仕事を休んで行ってきました。

(※竜崎温泉の定休日は月曜日)

 

ルートは西バイパスを通りひたすら山口方面へと行く道。

前回は日本海の海沿いを走るバイク旅行。

今回は瀬戸内。  また一味違う雰囲気です。

走ってる途中、眺めの良い場所辺りで 電車が停まってました。

 

だんだん近づいていくと  あれ? まさこれ・・・と気づきました。

豪華寝台列車の ”トワライトエクスプレス瑞風” (みずかぜ mizukaze)が駅ではない場所で停車してました。

最高125万の料金で乗ることが出来るという超豪華列車です。

※旅行パッケージツアーでの販売で約27万~125万まであります。

その停車中は写真が撮れなかったけど次の駅で撮れるのでは?と思い急いで行ってみると

予想通り 来ました~!!

電車が停まると どこからか近所の住民の方たちなのか ちらほらと撮影に来られる方がきました。

駅構内 改札を通って近くで撮影される方もいます。

やっぱりレアですよね~

↓こんなスィートルームが車中にあるなんて凄すぎる・・・・

※鉄道新聞HPより出典

列車旅もいつかしてみたいものです。

 

竜崎温泉と道の駅とうわ

 

竜崎温泉 潮騒の湯

海沿いを走っていくと周防大島に渡る橋が見えてきます。

因みに、この橋は同年2018.10月半に貨物船の衝突事故があり、約一か月ほど島全体が断水となりました。(もちろん竜崎温泉も)

長期の断水はほんとに大変だったと思います。

ここ広島でも復旧後落ち着いた頃に体調不良や体の故障で入院・通院されるお年寄りの方が多数いました

今はやっと復旧されてるようで、ホっとしました。

自然災害、人災、 今年はほんと災いの年ですね・・・。

 

さて この 問題となった橋を渡り 周防大島に渡るとそこは静かな農村地。

漁業やミカン栽培などが盛んなとこです。

橋を渡って約30分ほどで到着したのが

竜崎温泉 潮風の湯

わりと綺麗な建物でロビーも広々としてました。

受付をしてお風呂に行くと人はわりと少なくのんびりと入れました。

館内はレストランもあり、そこの鮮魚料理が美味しそうでした。

 

お風呂も島の温泉なので海が良く見えて 眺望は申し分なしです。

もちろん天然温泉です(塩化物強塩温泉)

 

お風呂の体験レビューはまた記事にしますので詳細はそちらに書かせてもらいますね。

 

道の駅 サザンセトとうわ

さてお風呂も上がり、休憩スペースでひと寝入りしようかと思ったけど、ここはオープンタイプなうえ、少し狭くて落ち着かないのですぐに出発することにしました。

バイクを走らせて行くと 道の駅を発見しました

道の駅 サザンセト とうわ

お腹も空いてきたしここで何か食べることにしました。

休みということもあり、駐輪場には多くのバイクが。

いつも平日に遊びに出てるせいか なかなかこういった賑わってる時に来ることがないので新鮮です。

 

奥の方の食堂スペースに行くとバイクイベントしてるのが見えました。

多くのバイカーさん達でにぎわってました。

 

食堂はオープンタイプ

魚料理がメインのフードコートと言う感じで何にしようか迷ってたら

穴子丼と味噌汁を勧められたので 言われた通り注文してみました。

 

すると・・・・

おっきな穴子の天ぷらに 魚のアラのダシが利いた味噌汁

味噌汁150円にしては大きいしアラも入ってるのでお得な感じがしました。

穴子丼も800~ぐらいだった記憶があります(また調べ次第金額載せますね)

いずれにしても 安くて美味しい! の一言でした

 

レストランは館内の方にもあって クチコミも良いみたいで どちらもおすすめです。

さて ここで相方さんが一言

このまま帰るの勿体ないなぁ

私も うーーん・・・ そうだよねぇ。。。と曖昧な返事をしますが

こんな時はたいてい 心は決まってるのです。

1分ほど 悩ん後(悩んだふり?)スマホで宿探しをしました。

宿泊先は周防大島の付近か または広島に戻る最中の適度な場所。

なかなかピンとくるとこがないので 少し遠くなるけど既に2回ほどリピートしたことのあるスーパーホテル湯田温泉に泊まることにしました。

泊まる予定なく出かけてるので もちろんほぼ手ぶら。

しかも今回はバイクなので 小さなバックに携帯とサイフ タオルに日焼け止めがあるぐらい。

 

それでも泊まりたい気持ちの方が勝ってしまう私達なのです。

※その数か月後にもまた バイクでの急遽宿泊をやらかします→ バイクで愛媛旅

 

そうと決まれば急いで出発です

帰ろうとすると 何やら イベント会場で音がします。

私の だいだい 大好きな アンデスソング

ほんと大好きで、一時期ケーナ(笛のような楽器)を買おうかと思ったぐらいです。

 

今日は レアな列車も見れたし大好きなアンデス音楽も聞けたしラッキーな日だ♪

温泉のはしご スーパーホテル湯田温泉

道の駅サザンセトとうわから目的地の スーパーホテル湯田温泉までは約2時間。

少し遠いけど今夜は宿泊するので体は休められるし大丈夫!

と張り切って出発しました。

 

携帯のナビでは山沿いルートを走るようなってますが(山口湯田温泉街は山の方ですしね)

相方さんは遠くなってもいいから海沿いを走りたいらしくて海沿いルートにナビを変更しました。

結果 途中何度も迷ってしまい 予定よりも長い時間がかかってしまいました。

 

スマホのナビはもう5年以上も前から嘘ばかり案内されるので あまり信用はしてないのですが、やはり今回もダメでしたね。

次のバイク旅行までには専用のポータブルナビを購入したいです。

遠回りしてやっとスーパーホテル湯田温泉に着きました。

以前泊まった時の画像

今回で3回目というお気に入りの宿です

湯田温泉までくるのは迷ったけど一旦街中まで入ればさすがに3回目なので道は覚えてました。

黄色い看板が目印で大通りに面してるので分かりやすいです。

 

バイクはホテル前の自転車用の駐輪場に置かせてもらいましたが、オープンなので何かあっても保証は出来ませんと言われました。

盗難、イタズラなど 安全性を考えたら近くの有料の駐輪場を借りた方がいいかもしれません。

※車ならホテルすぐ隣りの立体駐車場があります

 

無事に到着して 本日二回めの温泉に入ります

久々に入る亀の湯は最高でした 湯田温泉 亀の湯の温泉レビュー記事

 

亀の湯は普通の立ち寄り湯なら390円 スーパーホテルに宿泊の人は200円で入れます。

ホテルフロント前にある券売機で買うと アメニティが入った箱と入浴券が出てきます。

 

夕飯は近くの居酒屋で乾杯することに。

繁華街のど真ん中にホテルがあるのでコンビニや居酒屋には困りません。

以前行った居酒屋を探すとみつからなかったけど 同じ場所にはこんな居酒屋が↓

おかしいねぇ~ 確かここワタミだったよね

と思いながらも他に目ぼしい居酒屋がないので入ってみると やはりそうで、ワタミの新ブランドでした。

内容は 鳥の唐揚げ 焼き鳥など 鶏肉を使った料理がメインのようです。

いつも1~2品程度であとはコンビニ飯ですが やはり安いので多めに頼みました。

 

ホテルに戻り もう一度お風呂に~と言いたいところですが、ここは大浴場付のホテルではなくあくまでも大衆浴場がすぐ隣りにあって安く入れるというだけなので1回しか入れませんでした。

でも今日は竜崎温泉と湯田温泉のはしごも出来たので十分に満足ですね。

 

バイクで走りたかった秋吉台の道

一晩寝て バイク旅で疲れた体も復活

このホテルの目玉でもある健康朝食をいただき出発しました。

この日は夕方から仕事も休みなので急いで帰る必要もなく、せっかく近くまで来てるからと

秋吉台(あきよしだい)の方に行くことにしました。

湯田温泉から秋吉台の方まで行くのに約40~50分かかります。

秋吉台といっても広くて サフアリパークがあったり秋芳洞の方など目的地がいろいろあります。

私達が目指したのは カルスト台地の方です

展望台近くの売店に到着。

まだ時間が早すぎて売店は開いてませんでした。

ここのミカンソフトたべたかったのになぁ・・・。

 

日本最大級のカルスト台地でもある秋吉台

※カルスト台地とは石灰岩などで構成された大地が雨水や地下水などによって浸食されて出来た地形です

この突起した岩が眺められる道 カルストロードは以前一度一緒に相方さんと車で通ったことがあります。

その際、いつかこのカルストロードをバイクで走りたいと熱く語ってました。

その夢が見事に叶ったわけです。

よかったねぇ~

 

運転しないけど私もついでにまたがらせてもらって撮影

 

念願叶い、気が済んだとこで家路に向かいました。

 

道の駅ソレーネ周南

帰り道、トイレ休憩のために道の駅に寄ってみました。

山口の周南市にある 道の駅ソレーネ周南(しゅうなん)

 

以前一度来たことがあったけど トイレだけだったので今回は

ソフトクリームを食べることにしました☆☆

 

今年の正月に石垣島で食べたミルミル本舗のアイス同様、バター飴のような濃いミルクの味がして美味しかったです。

ご当地アイスをやっと食べれて満足満足♪

 

更に帰る途中 お腹が空いたので 外食・・ではなくファミマの店内スペースでオニギリを食べてお昼ごはん代わり。

めちゃ質素・・・。 でも今回は贅沢したのでこれでOKです。

 

なんか来年度の消費税UPの件で こういうコンビニやスーパーのイートインで食べたら10%、持ち帰ったら8%みたいな案はどうするんだろう。

せっかくどんどんイートインスペースに改装する店舗増えてるのに ここで食べる人減るのでは?と思ってしまうけど・・・・。

 

旅のまとめ・費用

今回は急遽とはいえ一泊したので 旅行記として記事にしてみました。

では宿泊、食事などの費用から振り返ってみます。

■旅の費用

旅の費用2人分(一部概算)

・竜崎温泉 潮風の湯    440円

※通常は大人一人720円ですが この日1人220円で入ってる記録があります。なぜなのか理由が判明せず現在調査中です

・湯田温泉 亀の湯    400円

・スーパーホテル湯田温泉宿泊代 7,600円

・ガソリン(ハイオク)    1,000円

・居酒屋           2,000円

・昼食代           2,350円

・コンビニ(夕飯補助)      800円

合計 15,590円(一人当たり 7,7795円)

 

バイクでなくて車なら昼食代を手製弁当にするなどしてもっと安く出来たかもしれませんが、今回はバイクで行くのが目的でもあったのでこれはこれでヨシとします。

1泊2日のバイク旅行でしたが、天気が良かったり やりたかったカルストロードを走ったり、道の駅の昼食が美味しかったりと、かなり満足度の高い旅となりました。

 

▲目次に戻る