山口の温泉詳細

スポンサーリンク
山口の温泉詳細

長門湯本温泉(ながとゆもとおんせん)【山口の温泉】

長門湯本温泉は1427年に住職が開湯し、江戸時代には藩主も湯治に訪れたという由緒ある温泉です。夏には目の前の川に源氏ボタルが舞い幻想的な風景が楽しめます。温泉街には旅館が立ち並びますが、その一つ大谷山荘は歴代の総理や世界の大統領(プーチン)も訪れたことのある有名な高級旅館で長門湯本温泉の知名度を押し上げてます。
山口の温泉詳細

俵山温泉(たわらやまおんせん)【山口の温泉】

山口県は長門市にある俵山温泉は薬師如来の化身である白猿が発見されたと伝わる昔ながらの湯治場です。歓楽的な要素はなく、数多くある宿のうち大半は内湯を持たずに近くの共同浴場を利用するという今どきでは珍しい形が残ってます。
山口の温泉詳細

深谷峡温泉(ふかたにきょうおんせん)【山口の温泉情報】”深谷峡温泉 清流の里”

深谷峡温泉 清流の里)は鉄道ファンにも人気な錦川鉄道の終点より更に奥に入った自然豊かな場所に沸く温泉です。キャンプや川遊び ドックランなどもあり子供から年配の方まで楽しめます。大自然の恵みをたっぷり浴びてリフレッシュできる そんな複合施設です
スポンサーリンク
山口の温泉詳細

三丘温泉 (みつおおんせん)【山口の温泉情報】”国民保健温泉地指定の田園風景広がる温泉”

三丘温泉(みつおおんせん)は1羽の鶴がその傷を癒すために舞い降りたことから発見されたといわれてます。発見は昭和30年 島田川の川底から自然湧出を見つけ、無事に採掘成功。温泉宿は3つ ほど。日帰り入浴施設も1軒ほどあります。桜の季節には花見湯などが楽しめる そんな場所にある温泉地です。
山口の温泉詳細

くすのき温泉(くすのきおんせん)【山口の温泉情報】”ほっこり田舎料理に癒される 楠こもれびの郷 くすくすの湯”

くすのき温泉は山口県宇部市の こもれびの郷で入れる温泉で採掘はH16年とまだ浅い歴史で施設もまだ綺麗です。農家レストランや直売店も併設で地元の農家の交流ふれあい施設の中にある温泉という感じで地元の方は勿論ですが 観光帰りでの立ち寄りにも最適です。
山口の温泉詳細

持世寺温泉(じせいじおんせん)【山口の温泉情報】

持世寺温泉(じせいじおんせん)は山口県宇部市に所在し、戦国時代に武士が傷を癒したといわれる古い歴史を持つ温泉です 泉質は弱アルカリ性単純温泉で施設によっては飲泉も可能で硫黄臭や温泉卵のような味がするのが特徴です
山口の温泉詳細

長沢温泉(ながさわおんせん)【山口の温泉情報】”長沢ガーデン”

長沢温泉は山口市の南部、国道二号線沿いにある温泉宿泊施設内で入れる温泉です。国道沿いにあるということで長距離運転手やドライブの立ち寄り場としていつも車が多く、昭和レトロな雰囲気が心くすぐる施設です。
山口の温泉詳細

錦帯橋温泉(きんたいきょうおんせん)【山口の温泉情報】”岩国国際観光ホテル”

錦帯橋温泉は名勝錦帯橋と岩国城をのぞむ観光地にある 岩国国際観光ホテルで入れる温泉です。山口の代表的な観光スポットの錦帯橋まではわずか徒歩3分という恵まれた立地で露天風呂からの景色はスポットライトに照らされて綺麗な橋が見れる夜がおすすめです。
山口の温泉詳細

萩本陣温泉(はぎほんじんおんせん)【山口の温泉情報】”萩本陣”

萩本陣温泉は萩温泉郷の一つで 萩本陣の自家源泉です。2万年前の太古の地下水はナトリウム、カルシウムイオン濃度が高く美肌の湯として女性にも人気です。萩本陣では数多くのお風呂の種類がありゆっくりとくつろぐことが出来ます。
山口の温泉詳細

萩指月温泉(はぎしずきおんせん)【山口の温泉情報】”リゾートホテル美萩”

萩指月温泉は萩温泉郷の一つで、リゾートホテル美萩の自家源泉です。目の前に広がる海が美しく夕日や漁火など眺めながら優雅な気持ちで入れる展望露天風呂は圧巻で多くの人を魅了します。また泉質は濃いめのナトリウム塩化物泉で肌のトラブルや冷え性などの効能が期待されます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました