山口の温泉詳細

スポンサーリンク
山口の温泉詳細

柚木慈生温泉(ゆのきじじょうおんせん)【山口の温泉情報】

柚木慈生温泉は20数年前に偶然発見された歴史的にはまだ浅い温泉ですが、加水が必要なほど成分の濃さで温泉評論家からも高く評価されるほどの温泉です。 また、日本温泉遺産を守る会では温泉遺産としても認定されてます。
山口の温泉詳細

片添ケ浜温泉(かたぞえがはまおんせん)【山口の温泉情報】”海水浴帰りに便利♪海をのぞむ温泉”片添ケ浜温泉”

片添ケ浜温泉は山口は周防大島の海岸沿い(片添ケ浜)に沸き、見渡す海が目の前に広がる風景を楽しめる温泉です。リゾートホテルのサンシャインサザンセトと遊湯ランドの2つの施設があり リーズナブルに入りたい方は遊湯ランド、リッチに雰囲気を味わた痛い方はサンシャインサザンセトがおすすめです。ナトリウム塩化物泉で肌がキュキュっと引き締まる浴感で海水浴帰りにさっぱりと汗を流すのにベストな温泉施設です。
山口の温泉詳細

湯田温泉(ゆだおんせん)【山口の温泉情報】”山口の観光拠点 繁華街の中に沸く温泉”

湯田温泉は山口県山口市内の、歓楽街や飲食店やビルが立ち並ぶ繁華街の中にある温泉です。山の中のしっぽりとした叙情溢れる温泉街とは違いますが、山口県の有名な観光名所へのアクセスも便利で宿泊拠点として栄えてます。近年では足湯にも力を入れており、湯田温泉街には6つもの無料足湯が設置されてます。
スポンサーリンク
山口の温泉詳細

湯野温泉(ゆのおんせん)【山口県の温泉情報】

湯野温泉は山口県周南市のやや奥まった閑静な山あいに沸く温泉で、天狗がその傷を癒した話や薬師如来のお告げで発見したなどのいくつかの伝説が言い伝えられてます。ここは夏目漱石の坊ちゃんのモデルとなった弘中又一の出身地でその生家も残り隣には記念公園もあります。アルカリ性硫黄温泉のなめらかなお湯と川の景色を眺めながらゆったりと落ち着いて入れる温泉として多くの人に親しまれてます
山口の温泉詳細

玉喜温泉/糸根温泉(おうきおんせん/いとねおんせん)【山口の温泉情報】”天然温泉 みちしお”

王喜温泉/糸根温泉 は山口県山陽小野田市にある"天然温泉みちしお"で入れる温泉で 一つの施設で2種類の源泉をもつ珍しい温泉施設です。いずれも塩化物泉ですが、糸根温泉の方がやや塩分が濃いめです。施設はドライブイン併設で貝汁が有名です。
山口の温泉詳細

大河内温泉(おおかわうちおんせん)【山口の温泉情報】”エステよりツルツル?美肌の湯”

大河内温泉は山口は下関の更に北上した場所にある温泉地で 同じく下関にある名湯 川棚温泉よりやや北に位置します。本郷川のそばに建つ2軒の温泉施設では夏はホタル冬は雪景色と幻想的な気分で温泉に入ることが出来ます。お湯は9.4以上のアルカリ性単純温泉で美肌の湯として親しまれてます。
山口の温泉詳細

川棚温泉(かわたなおんせん)【山口の温泉情報】

川棚温泉は下関市内から奥に入った場所にあり 下関の奥座敷とも呼ばれてます。清流伝説が伝わるそのお湯は神秘的なパワーを感じさせ、また美肌の湯ともされてます。名物 瓦そばは中国地方では有名で近年ではその変わった姿からSNS映えすると全国地にその名が知れ渡るようになりました
山口の温泉詳細

呼鶴温泉(よびづるおんせん)【山口の温泉情報】

呼鶴温泉は山口は周南市にある地域密着型の小さな温泉で世界屈指のラジウム含有量を誇り、飲用も出来ます。近くには、特別天然記念物ナベヅルの本州唯一の渡来地があり温泉名もその由来とされてます。
山口の温泉詳細

雙津峡温泉(そうづきょうおんせん)【山口の温泉情報】

雙津峡温泉(そうづきょうおんせん)は山口県岩国市の山部会場所に沸く温泉で 目の前を流れる宇佐川はその源流が名水百選にも選ばれた美しい清流です。源泉も飲用出来、そのまろやかな温泉で入れたコーヒーは格別な味です。肌にも優しく万人向けのお湯で心も体もリフレッシュできる温泉です。
山口の温泉詳細

三島温泉 【山口の温泉情報】”三島温泉健康交流施設 ゆーぱーく光”

三島温泉は山口県光市の島田川の川沿いに元々古くからありました。その後市が介入し健康増進施設として新たに再出発し現在は ゆーぱーく光として存続しました。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物冷鉱泉で身体もよく温もり、肌トラブルなどにもよいお湯です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました