スポンサーリンク

■中国地方の全温泉リスト

 中国地方の温泉一覧
島根の温泉
広島の温泉 山口の温泉 岡山の温泉 鳥取の温泉
温泉体験一覧MAP 宿体験一覧MAP junnyの旅行記一覧 お役立ち情報 温泉雑記

■【地域別カテゴリーから記事を探す】

■ お知らせ 新着情報など

・NEW! 3/27更新まもるくんコンプリート②配置マップ
・NEW! 3/26更新まもるくんコンプリート①基本情報
・1/25更新【2020宮古島旅行6日目 熱帯植物園 旅のまとめ】
・1/24更新【2020宮古島旅行5日目シギラリゾート満喫/黄金温泉】
・1/18更新【2020正月宮古島旅行4日目与那覇前浜/栗間島】
・1/15更新【2020正月宮古島旅行3日目大神島/伊良部島】
・1/11更新【2020年正月沖縄宮古島 ”温泉とリゾートホテルで過ごす旅”2日目】
・1/9更新【 2020正月 沖縄宮古島”温泉とリゾートホテルでのんびり過ごす旅”1日目】
・12/14 更新 山口県のバリアフリータイプの貸切風呂がある温泉施設
・11月 島根の宿口コミレビュー【湯之助の宿 長楽園】
・9/28【連休で行く道後温泉グループ旅行】
・9/14【初めてさんの松江&出雲旅行】出雲大社/島根ワイナリー/松江フォーゲルパーク/玉造温泉
・8/10【山口 車中泊温泉旅 一ノ俣温泉】”晴天に映える角島と元乃隅稲成神社
・8/3 【山口の温泉体験レポート】一ノ俣温泉荘
・2019/7/20車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー設計の貸切風呂がある温泉施設【島根】
・ 2019/7/13【山口の温泉体験レポート】柚木慈生温泉 更新
・ 2019/7/6 車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー対応の【島根】の温泉施設 その①
・2019/6/22三朝温泉にある足湯&飲泉が出来るスポット(全5ヵ所)
・2019/6/15夏におすすめ!中国地方の温泉10選更新
・2019/6/14山口周防大島 竜崎温泉体験レポート更新
・2019/6/8広島→有馬温泉&姫路城 車中泊旅 更新
・新着 岡山県の秘湯9選のページ追加しました

・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行2日目 更新
・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行1日目 更新
・2019/5鳥取 はわい温泉&東郷温泉 【七福神の湯】足湯巡り 更新
・2019/5湯の川温泉 ひかわ美人の湯温泉体験レポート 更新

【愛媛の温泉旅行2泊3日】①”道後温泉街で温泉はしご”

こんにちわjunnyです。

今回は2018/3月に相方さんと行くのは初めての四国の旅。

道後温泉&鈍川温泉の旅行記です。

これは2月のバレンタインデーのお返しとしての旅行で一応ホワイトデー企画として計画した旅行です。

まあ、ホワイトデー(お返し)といっても計画から手配までは私(女性)がしたのですけど(笑)

 

この数年島根、山口、岡山、九州、沖縄と旅行に行きましたが なぜか身近な四国へは一緒に行けてませんでした。

というのもバイクで瀬戸大橋を渡るというのが夢だったので それを先にしようと思ってたからです。

結局バイクは購入が決まりましたがまだバイクが手元にない3月の時点でフライング四国となりました。(こだわりがあるようでないところがお洒落♪)

 

 

目次

  1. 岡村島から船で今治港へ
  2. 職人が作るろうそくが有名な内子観光
  3. 本日の宿”ホテル葛城sparesort道後”
  4. 道後温泉の町/a>

 

岡村島から船で今治港へ

広島から愛媛に行く方法は

1・しまなみ街道から今治市へ

2・宇品港、又は呉港からスーパージェット

3・蒲刈の先 岡村港からの船

 

今回は、距離的には一番近い3番目の岡村港から船に乗って今治まで行くルートにしました。

 

港のある岡村港までは まず呉の国道から安芸灘大橋を渡り蒲刈へ渡ります。

その後次々橋を渡るのですが、最初の安芸灘大橋だけお金が必要で

片道普通車720円、軽自動車560円となってます。

(手前にあるカマタというガソリンスタンドで橋のチケット買うと少し安いようです)

 

橋をいくつも渡りもうすぐ港に着く手前あたりに無人販売のミカンを見つけたので購入してみました。

病み上がりだったので さっぱりした柑橘はいつも以上に美味しく感じられました。

田舎の無人販売は安くて量が沢山で嬉しいですね。

この販売所が見えたら港までもう少し。

 

 

中にチケット販売機があります。

ルートがいろいろあるので分かりづらいようでしたら係り人に聞いてみるとよいでしょう。

フェリー代は 2800円程度(車+人)約1時間ほどで今治に到着します

 

船便は 直行便と途中他の島に立ち寄る便があり10分ほどの差があります。

時間が合わせられるなら直行便がいいですね。

 

しまなみの橋をくぐって今治に到着します。

 

松山市内に向かう道中

病み上がりでほとんど食事をとれなかった私達ですが、せっかくの旅行だし少し食欲も出てきたので

消化にも良いうどんを食べることにしました。

 

うどんが名物の香川県ではないので そんなにうどん屋さんは多くはないかな~と思いつつ探しながら松山に向かってると 見つけました!

得得うどん

(初めて聞いた名前だけど広島にも支店があったのを後で知りました)

 

その名の通り 具だくさんの美味しそうなうどんが安いお店です

メニューを見てみると2~3玉の大盛りにしてもお値段そのまま!

大食漢の人はありがたいですね

 

私が頼んだのは ボリューミーな鍋焼きうどん

揚げ物の天ぷらが入ってたのが気になったけど (お腹の調子も悪かったので・・・)

美味しそうだったのでつい頼んでしまいました。

 

相方さんは 肉うどんのダブル

体調が万全だったらトリプル(3玉)はイケてたとのことです。

さすがに3日間ぐらいほとんど食べてなかったので胃腸の為にも控えめに。

 

数日ぶりに食べた食事は 美味しすぎました。

このうどんのダシも濃いめで深い味がしました。

このボリューム、味でこの御値段は安くて得した気分でした☆

 

職人が作るろうそくが有名な内子観光

この日は砥部焼でも見て道後に行く予定でしたが、翌日が雨の予報で外歩きの内子観光を今日のうちにと思い、先に内子の方へと向かいました。

松山市内から更に40分ほど奥に行ったところにある内子町(うちこちょう)

昔ながらの町並みの散策が出来る風情のある場所です。

 

テクテクあるいてると 大きなまつぼっくり発見!

でかぽっくりと命名してみました。

この画像だと伝わりづらいですが、手のひらサイズくらいの巨大ボックリでした。

 

町並みを歩いてるとあまりお店らしいお店は出店してないようで、何気なく野菜や工芸品を少し置いてゆる~く売ってるみたいな感じでした。

もちろん可愛らしい雑貨屋さんもありましたが 基本的には古い街並みを感じながら歩く というのがメインの目的のようです。

この内子の町並み地区では ろうそく(和ろうそく)が有名。

こちらがその”和ろうそく”を作る職人さんのお店

大森和蝋燭屋(おおもりわろうそくや)

中に入ると、職人さんが1本1本丁寧に蝋燭を作ってるところが見学できます。

この和ろうそくの特徴は

・ 炎が大きくて明るいこと

 非常に長持ちすること

・ 蝋が垂れてこないこと

と、普通の大量生産で作る蝋燭とは少し違う特徴があります。

是非その職人技を見てみてくださいね~

 

内子の駐車場付近には寺のようなものがあったので そちらも寄ってみました。

大きな涅槃像が横たわってました。

このころ、体調不良もだけど2月終わりぐらいから7年ぶりかの蕁麻疹にもなっていたので 治りますように~と足の裏をスリスリさせてもらいました。(足の裏に蕁麻疹が出来てたのです)

 

本日の宿”ホテル葛城spa resort道後”

今回の旅のミッションの一つ 内子観光をクリア出来たのでいよいよ松山は道後温泉へと向かいます。

この日の宿は、道後温泉街中心地にある ホテル葛城spa resort道後(旧名 道後の宿 葛城)

 

チェックイン時には リニューアル記念の品を頂きました

 

早速お風呂に入り 移動と病み上がり(上がりきってはない)で疲れた体を休めました

早く入りたいのをこらえて、まずは体調不良でしっかりと洗えてなかった身体を血が出そうにぐらいこすりあげて、ゆっくりと湯船に浸かると

もう 最高にしびれました。

身体の節々の痛みにもじわ~っとお湯のぬくもりが染みわたります。

 

お風呂の後は街を散策することにしました。

宿の体験クチコミ記事はコチラです↓

料理や宿情報など載せてるのでよかったら合わせてご覧ください

 

道後温泉の町

風呂から出たら道後の街を散歩

 

メインとなる 道後温泉本館 (どうごおんせんほんかん)

今や温泉街は閑散としてる地域も多い中 ここ道後温泉は多くの観光客が押し寄せてます。

他の小さな温泉街もがんばってほしいですね。

 

商店街も多くの人でごったがえしてました。

けして大きくはない規模の商店街でこれだけ賑わってるところも今時珍しいかも。

身近なところでいうと宮島の商店街が賑わってますがそれよりもまだ小さめです。

今はどこも どんどんさびれてるところが多いので久々に景気の良い光景が見れた気がしました。

 

こちらは松山市内を走る路面電車の道後温泉駅

終着駅でもあります。

SL型の電車(ぼっちゃん電車)と合わせて撮ると非常に絵になりますね。

 

街を散策してると足湯を見つけたので入ってみました。

ぬくぬくポカポカ~。 足湯だけでも温まります。

 

一旦宿に戻り 夕飯を頂いてホっと落ち着いた後 今度は道後温泉のお湯に入りにいきます。

 

今回は道後温泉街のすぐ近くの宿にして正解でした。

体調不良の中、電車に乗って宿まで移動とかはキツイものがあります。

 

温泉街の温泉旅館は高いので泊まれないと思い込んでましたが、今回は二食付で14,000円程度と予想以上にリーズナブルだったので泊まることが出来ました。

探せば意外と予算内に収まり、なおかつ満足できる宿もあるものなんですね。

宿体験レビュー記事はコチラ↓

ホテル葛城 sparesort道後の体験クチコミ記事

 

今回の宿のプランが3つの湯を楽しめるというプランで、

1 宿本館の大浴場

2 姉妹館の展望風呂

3 道後温泉本館の湯

この3つの温泉場を楽しめます。

これも道後温泉街にある宿のメリットですね。

 

今回は2番の展望風呂の方はパスして本館の方で入りました。

道後温泉本館の温泉体験レポート記事はコチラ↓↓

 

プランについてたのはオーソドックスな神の湯に入れるチケット

他には2階席や3階個室などがありますが少し値段が高くなります。

 

中は脱衣場も浴場内も人が多かったです。

とはいえ長湯するような場所ではないので20分位ででました。

美味しい料理も食べて 良質の温泉に入れて大満足~。

体調の回復を願いつつ とこにつきました。

2日目に続く

▲目次に戻る