入浴料が500円以下

スポンサーリンク
岡山の温泉詳細

遙照山温泉(ようしょうざんおんせん)【岡山の温泉情報】”鬼の怪我を治した伝説の温泉”

遙照山温泉(ようしょうざんおんせん)は岡山の笠岡と倉敷の間に位置する浅口市 山沿いに湧く歴史深い温泉です。岡山と言えば桃太郎。その桃太郎のモチーフとなったといわれる吉備津彦命が鬼と戦った際に何度も鬼がこのお湯で元気を取り戻してくるため、湯元をつきとめて埋めて鬼退治をした という伝説が残ってます。 実際泉質もラジウム鉱を含み、傷や神経痛などによく効くと言われてます。
鳥取の温泉詳細

たきさん温泉(たきさんおんせん)【鳥取の温泉情報】”地域密着型のお手軽温泉”

たきさん温泉は鳥取県岩美町に湧く温泉で、山間部に囲まれた静かでのんびりとした環境で入ることが出来ます。介護予防拠点施設としての地域の公共施設ということで、お安く気軽に入れるのが魅力で、はしご湯 立ち寄り湯としても利用しやすく県外の方の利用者も多いようです。
├鳥取の温泉口コミレポート

【鳥取県-はわい温泉&東郷温泉の足湯(全7つ)】”七福神の湯 足湯巡りをコンプリートしよう♪”

鳥取県のはわい温泉・東郷温泉内にある七福神になぞらえた足湯の体験レポート&紹介です。1・福禄寿の湯、2・恵比寿の湯、3・寿老人の湯、4・恵比寿の湯、5・布袋の湯、6・毘沙門天の湯、7・大黒天の湯。以上7つの足湯がありそれぞれ特徴が異なります。
スポンサーリンク
├岡山の温泉口コミレポート

岡山県-真庭市の温泉体験【真賀温泉館】”日本最狭の 混浴風呂&足元湧出の珍しい温泉”

岡山県真庭市にある真賀温泉館(まがおんせんかん)の温泉体験レポートです。湯原温泉郷の一つでもあり美人湯といわれる真賀温泉は下湯原温泉よりさらに南下した場所にあります。その泉質は有名な湯原温泉にも負けず劣らずのぬるぬるなめらかな湯ざわりで、その温泉地の風情からも多くの温泉好きな方からも好評です。
山口の温泉詳細

柚木慈生温泉(ゆのきじじょうおんせん)【山口の温泉情報】”秘湯的存在 高濃度炭酸の低温温泉”

柚木慈生温泉は20数年前に偶然発見された歴史的にはまだ浅い温泉ですが、加水が必要なほど成分の濃さで温泉評論家からも高く評価されるほどの温泉です。 また、日本温泉遺産を守る会では温泉遺産としても認定されてます。
島根の温泉詳細

木部谷温泉 (きべたにおんせん)【島根の温泉】”迫力ある光景 山里に沸く炭酸ガスの間欠泉が見れる温泉”

部谷温泉は島根県では唯一、日本全国でも珍しい希少な炭酸ガスの間欠泉が噴き出す温泉です。約20分ごとに噴水のように高く湧き上がる神秘的な様子が見学できます。
鳥取の温泉詳細

湯谷温泉(ゆだにおんせん)【鳥取の温泉情報】 ”幕末の志士達も好んだ癒しの場 湯谷荘”

湯谷温泉(ゆだにおんせん)は鳥取の山間部に沸き 美肌にも効果があるナトリウム系炭酸泉で湯あたりが柔らかく女性にも喜ばれる温泉で 湯谷荘で入ることが出来ます。のどかな里山風景を眺めながら 心もゆったりと癒されます
鳥取の温泉詳細

湖山池温泉(こやまいけおんせん)【鳥取の温泉情報】”日本一大きな池 湖山池を臨む温泉”

湖山池温泉は 池と付く湖沼の中では日本最大とされる大きな池のほとりで湧く温泉です。少し池から離れた場所にある湖山温泉とはほぼ同じ泉質ではありますが 源泉が異なり名称も違います。鳥取の玄関でもある鳥取砂丘コナン空港からも近く観光にも便利な場所にある温泉です。
鳥取の温泉詳細

宝喜温泉(ほうきおんせん)【鳥取の温泉情報】 ”宝喜温泉館”

惜しげもなく溢れ出る新鮮な源泉! オーナーこだわりの"宝喜温泉館" 宝喜温泉は鳥取市内にあり、周囲には鹿野温泉や吉岡温泉など温泉地が密集する地域に沸くアルカリ性の温泉です。豊富な源泉を利用し 余計な加温や加水などは一切しな...
鳥取の温泉詳細

中山温泉(なかやまおんせん)【鳥取の温泉情報】”スキー帰りにも!着替えるに入れる美肌の湯 ゆーゆー倶楽部 naspal”

中山温泉(なかやまおんせん)は鳥取県にある温泉で”ゆーゆー倶楽部naspal”で入れる日帰り温泉です。美肌の湯としても知られており そのお湯はツルツルなめらかと評判です。 鳥取の大名所 大山から日本海側に抜けた場所にあり、スキー帰りに体を温めるのにも最適です
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました