スポンサーリンク

■中国地方の全温泉リスト

 中国地方の温泉一覧
島根の温泉
広島の温泉 山口の温泉 岡山の温泉 鳥取の温泉
温泉体験一覧MAP 宿体験一覧MAP junnyの旅行記一覧 お役立ち情報 温泉雑記

■【地域別カテゴリーから記事を探す】

■ お知らせ 新着情報など

・NEW!9/28【連休で行く道後温泉グループ旅行】
・9/14【初めてさんの松江&出雲旅行】出雲大社/島根ワイナリー/松江フォーゲルパーク/玉造温泉
・8/10【山口 車中泊温泉旅 一ノ俣温泉】”晴天に映える角島と元乃隅稲成神社
・8/3 【山口の温泉体験レポート】一ノ俣温泉荘
・2019/7/20車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー設計の貸切風呂がある温泉施設【島根】
・ 2019/7/13【山口の温泉体験レポート】柚木慈生温泉 更新
・ 2019/7/6 車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー対応の【島根】の温泉施設 その①
・2019/6/22三朝温泉にある足湯&飲泉が出来るスポット(全5ヵ所)
・2019/6/15夏におすすめ!中国地方の温泉10選更新
・2019/6/14山口周防大島 竜崎温泉体験レポート更新
・2019/6/8広島→有馬温泉&姫路城 車中泊旅 更新
・新着 岡山県の秘湯9選のページ追加しました

・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行2日目 更新
・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行1日目 更新
・2019/5鳥取 はわい温泉&東郷温泉 【七福神の湯】足湯巡り 更新
・2019/5湯の川温泉 ひかわ美人の湯温泉体験レポート 更新
・2019/5/24 上斎原温泉 国民宿舎いつきの温泉宿体験レポート 更新
・2019/5/23 岡山のとろ温泉 天空の湯 温泉体験レポート 更新
2019/5/ 岡山 真賀温泉館 温泉体験レポート

長崎県雲仙市の宿【雲仙温泉 湯元ホテル】”創業元禄八年の歴史ある老舗温泉旅館”

こんにちわjunnyです

長崎県といえば、グラバー園やハウステンボスなど修学旅行や個人旅行で2回ほど訪れたことがありました。

今回宿泊したのは 島原半島にある雲仙温泉の宿です。

雲仙(うんぜん)という地域は、雲仙普賢岳の大噴火という悲しい自然災害によってその地名を知ることとなりました。

※1991/6/3に大火砕流により、43人の犠牲者が出ました。

いろんな地域を旅してると、こうした災害や事件、歴史なども知ったうえで観光していかなきゃな・・と思うことが沢山あります。

そんな初めての雲仙は 2016年の6泊7日の九州1周旅行での宿泊宿でした。

 

目次

  1. 宿泊プラン・費用
  2. 設備・部屋・サービス
  3. 周囲の様子
  4. 料理
  5. 泊まってみた感想
  6. 所在地・アクセス

宿泊プラン・費用

【予約サイト】

楽天トラベル(宿予約)

【宿泊プラン】

お得ライトプラン

【部屋タイプ】

和室8畳(バス・洗浄機能付きトイレ)

【費用】

朝夕付 2人で18,700円

1人 9,350円(税込)

–料理 島原うまかもん会席–

前 菜  雲仙八斗木葱味噌焼き(雲仙市直送)
とらふぐ(島原市直送) 蛸桜煮(南島原
市直送)
吸 物  白子つみれ
造 り  二点盛り
蓋 物  冬瓜饅頭
変り鉢  雲仙豚と地野菜地獄蒸
蒸し物  茶碗蒸し
揚げ物  つと揚げ
お 鍋  島原半島郷土料理 具雑煮
香の物  三点盛

設備・部屋・サービス

外観 設備

創業元禄8年と言う歴史のある老舗旅館 湯元ホテル。

熊本港からの船で一緒だった団体客の方とも同じ宿となりました。

ツアー団体客などにもよく利用されるとこのようです。

入り口には着物を着た案内係の方が数人いらして、丁寧にお出迎えしてくれました。

さすが老舗温泉旅館です。

 

ロビーはゆとりある広さで 多くの団体客の方も受け入れ体制は万全。

売店もあります。

受付を澄ますと お部屋に通されました。

 

窓から温泉地獄の煙が良く見えます。

ここ雲仙温泉は噴火山のふもとにある温泉場。

強い硫黄臭の高温のお湯が特長の湯治場でもあります。

お風呂

チェックイン後は真っ先に温泉に入りました。

※湯元ホテル公式サイトより出典

まだ早かったので人は少なくひとり占め。

団体客がいたので、かぶらないようしたいと思ってたら続々人も入ってきました。

正月も明けて数日経ってますが、時期ずらし組の方も結構いますね。

お風呂は内風呂(広めの浴槽と岩造りの浴槽)と露天風呂とサウナと水風呂。

 

内風呂もそこそこ熱いのですが、露天風呂は強烈に熱すぎて数秒で出てしまう始末。

(翌朝は更に熱くて全く入れませんでした)

貸切風呂は庭園式露天風呂 通常は1人1,000円ですが、宿泊者は1組1,000円でお得に入れるそうです。

 

お湯から上がると体から立ち上がる湯気がぷ~んと硫黄の臭いがしました。

相当濃い成分なのでしょうね。

【温泉データ】

泉質   酸性・硫黄泉・硫酸塩泉

強い酸性で 殺菌作用があります

日帰り温泉は大人1000円 子供500円

 

周囲の様子

ホテルの外には足湯がありました。

 

道行く人でも気軽に楽しめます。

温泉街ではあちこち足湯があるとこが多いのでタオルは常に持ち歩いておきたいですね。

 

温泉街は飲食店やお土産屋さんなど立ち並んでおり、そこそこ人も歩いてて賑わってました。

日帰り温泉に入れる施設は、ホテルなども含めて約16軒ほど。

立ち寄り湯としても利用が可能です。

 

湯元ホテルから歩いて10分ほどの距離にはメインの観光場となる 雲仙地獄うんぜんじごく)があります。

 

近くまで行くと硫黄の臭いがぷんぷんします。

岩のふちに黄色の硫黄がびっしりとこびりついてました。

 

足蒸し 足湯などもここで体験できます。(温泉卵200円)

 

 

料理

九州1周旅行の際に泊まる宿としては一番ランクの高いホテルなので夕飯が楽しみでした。

 

画像これだけしか残ってなかった~。

でも料理は文句なしの美味しさとボリュームでした。

半島で海も近いので魚料理も美味しい場所でもあります。

地元の食材をたっぷり使った美味しい料理を堪能できました☆

泊まってみた感想

相方さんときちんとした温泉旅館に泊まるのはこの時が初めて。

やっぱり値段は値段だけのものあはあると感じました。

温泉は熱めで長湯は出来なかったけど、成分は濃厚で旅の疲れもバッチリ取れました。

実際その日は二回めのお風呂に入ることも出来ず早々に寝てしまったので、恐らく1回目の入浴で体がオフスイッチが入ったのかと思います。

お蔭で翌朝はスッキリしました。

 

料理ももちろん美味しくて、しかも一人あたりが1万円を切るという安さ。

正月真っ最中ではなかったのも安さの理由だったのかもしれません。

安いお値段でこれだけのグレードのホテルが泊まれたのは感謝です♪

所在地・アクセス

【宿泊施設名】

雲仙温泉 創業元禄八年 雲仙湯守の宿 湯元ホテル

【住所】

長崎県雲仙市小浜町雲仙316

【電話番号】

0957-73-3255

【その他】

駐車場 無料(雨に濡れない屋根付き駐車場あり)

チェックイン 15時~19時

チェックアウト 10時

【地図】

九州1周旅行5日目で泊まったホテルです↓

▲目次に戻る