2020年初秋 GOTOキャンペーン利用 山口の温泉巡りの旅①【1日目 下関 ・門司から川棚温泉へ】

こんにちわjunnyです

2020年10月 山口は下関の旅行に行ってきました

今年のお正月の宮古島旅行以来初めてとなる旅行

そう 今年2020年は コロナ騒動で世界中が大変なことなりましたね

旅行はおろか、近場のお出かけもなかなか出来なかった前期

後半の8月~からは政府からの特別支援策として始まった GOTOトラベルキャンペーンのお陰で少しづつ人の出入りが盛んになったようで 9月の連休ではコロナ禍でありながらも以前のような賑わいに戻った観光地の様子が各地でみられるようになったようです

 

そんな中 その人の流れに便乗してというわけではないけど 私自身の身の回りのゴタゴタが落ち着いたこととGOTOトラベルキャンペーンの後押しもあり 待望の温泉旅行に行くこととなりました

では コロナ禍はまだけして下火となってはいない2020年10月時点でのGOTOキャンペーン利用での旅行の様子を綴っていきます

 

GOTOトラベルキャンペーン利用での予約(楽天トラベル)

さて 今回は国の政策として7月からスタートしたGOTOトラベルキャンペーンを利用しての旅となりましたが

このキャンペーンは第一弾 第二弾と段階ごとに変化があって 今回は10月1日以降出発の第二弾での旅行なので 旅行代金最大35%引きに加えて 地域クーポン券(旅行費の15%)もつくという大変お得なキャンペーンということで 旅行好きの私達としては見逃せないチャンスでした。

 

予約は 毎度おなじみ楽天トラベルにて9月半ば頃に予約。

実際にどらぐらいの金額がお得になったのかというと↓

 

川棚温泉  川棚グランドホテルお多福 1泊2食(≪竹≫ 毛利侯おまかせ会席*秋冬)

1人 20,900円×2   41,800円(税込)ですが

GOTOトラベルの35%offクーポンで -14,630円ほど引かれて 27,170円(税込)で済みました

更に 地域クーポン券も 6,000円分貰いました

 

チェックイン後 すぐに手渡しで貰えました。

後で調べてみると QRコード提示が必要となってましたが 何も言われずにそのまま渡してもらえました。

比較的規模の大きなホテルだったから大丈夫だったのかもしれないけど 次回の宿泊の時はプリントアウトしていこうと思います。

 

この 地域共通クーポン よく下調べしてなかったけど

翌日までの期限と かなり使用期限が短いですのでご注意ください!!

手渡しされて 翌日までには使わないといけないのです。

 

一番手っ取り早いのは 宿泊したホテルのお土産売店で何か買うこと。

6,000円分となると 結構な額なので地域の名産ギフトセットなど高価なものを買うには最適ですね。

私達は翌日のランチでも使おうと思ったけど ネットで使える場所探しても

あまり使える場所がなくて 結局全てお土産だけの使用となりました。

 

下関~門司のレトロ街

前置きが長くなりました ここから旅行記となります

 

広島から下関までは高速を使わずに公道を使用してだいたい4時間~4時間半ほど。

混む時間帯での移動だともう少しかかるし 面倒くさいので深夜の2時ごろに出発しました

 

 

途中 仮眠するので前回山口の車中泊でも利用した 山陽道にある 美東SAに立ち寄ることにしました。

 

ここで ちょっとしたハプニング

前回 防府東ICから乗ろうとしたらうまくいかずに防府西から入ったんですね

 

で今回はリベンジと思って防府東からまた乗ろうとしたら

何と逆方向に向かってしまいました!

のちに調べてみると

 

防府東ICは 広島 大竹方面にしか行けないICだったことが判明!

 

確かに そういうICは各所にあるので気を付けないといけないのは分かっていたのですが

 

今回やっと気が付きました。   知らない道は よーく確認しておかないとですね

 

 

美東SAは施設も綺麗でトイレも充実

 

この日も早朝から沢山の車が駐車してました

 

数時間の仮眠後 運転バトンタッチでここからは私の運転

 

 

 

唐戸市場

早速向かったのが 下関の代表的な観光地 唐戸市場(からといちば)

本当は  金・土・日の週末に行うイベント 「活きいき馬関街(ばかんがい)」に参加するのが一番唐戸市場の最大限の魅力を味わえるのですが 仕事の都合上どうしてもいけないので普通の市場の様子だけ見ることとなりました。

 

 

新鮮な魚介などは クール宅急便などでも送ってくれるので安心です

が。。。今回は そのまま持ち帰りの ちくわ系を購入。

 

次回来るときは 市場大好きな母親を連れてきたいな~

 

 

海響館

お次は唐戸市場からも見える すぐ近くの 水族館 海響館(かいきょうかん)

 

観覧車がある一帯は子供が遊べる遊具みたいなのがありました

 

 

 

 

駐車場は真向かいにあるこちら みらいパークが一番近いです。
(有料 平日1時間100円 最大500円~800円)

 

チケットを渡して矢印通り進んでいくと

こんなエスカレーターで上にあがりました↓

まるで宇宙船に乗るみたいな感じ
小さなお子さんは喜ぶでしょうね~

大の大人の私達もちょっと ウキウキしました♪♪

 

 

 

さすが 下関ともあって フグの種類が多く 見たことがないフグを沢山見ることが出来ました

 

 

進んでいくと 可愛いアザラシを発見

あれ? なんか 一頭が立ってて可愛い~と思って撮影してると・・・

 

一頭が近づいてきて同じように立ち、 また次の一頭も近づいて・・・

 

 

 

 

こんな感じに三頭が揃った立ち姿を見ることが出来ました~

 

なんじゃこりゃぁぁ 可愛いいい~!

 

これは ショーではなくて自然の姿のままの様子です

明かりの方に顔を向けていたので 日光浴みたいな感じのつもりなのかな?

 

でも TVでこんなシーン見たことがあるような気がします

なんらかの習慣なのかもしれませんね

関門トンネルを渡ってきた九州市へ(門司)

水族館を出たら次は 関門トンネルを通って 山口を出て 北九州になる門司へ移動します

関門橋は今工事してるし お値段も高いので安い関門トンネルが便利

初めて九州に車で渡るなら 関門橋が景色がよくてお勧めですけどね

 

門司港 レトロ街

 

初到着の 門司

相方さんは9月に一足早く友達と訪れたのですが 早く到着しすぎてお店がどこも開いてなかったそうです(苦笑)

時間はよく調べてから行かないとですね~

 

インスタ映えしそうな景色

 

港沿いに立ち並ぶ 飲食店や雑貨屋がお洒落です

 

突然飛び込んだモニュメント

これは絶対に同じポーズで撮影するやつですね

お笑い芸人がモデル?と思ったら 違うようで

地元 門司港の干物店 じじや という超有名店の店主がモデルなのだそうです

 

※因みに お名前は秋武政道(あきたけまさみち)さんです

 

 

名物瓦そばが 門司でも食べられます(老舗有名店 たかせ)

最初の予定では 川棚温泉街にある 元祖瓦そばの老舗 たかせ に行こうと思っていたのですが

事前リサーチで こちら門司にも支店があることが判明して 時間的にこちらで食べることにしました。

 

1Fにも 同じく瓦そばのお店がありますが やっぱり初めて食べる瓦そばなので 本家本元の元祖店をチョイス

 

平日だし そんなにまだ混んでなかったので すぐに出てきました

 

ドドーンと 2人前の状態で同じ1枚の瓦に乗せて出てくるスタイルです

 

ここ広島ではスーパーでも瓦そばが売ってるので2回ぐらいは自宅でも作ったことがあるけど

やっぱり本場で食べるのが美味しいですね~

 

パリッパリの麺が香ばしくて 茶そばの香りも ようござんした★

 

下関から川棚方面へ移動

門司での滞在は 1時間程度で終わり そのまままた関門トンネルを通って山口にUターン

そこから一気に川棚方面へと向かいました

 

リフレッシュパーク豊浦

 

チェックインにはまだ早いのが分かっていたので 事前リサーチで近隣観光を調べてみると

川棚温泉街のすぐ近くに リフレッシュパーク豊浦 という中規模の公園があることを知りました

入園料は大人 210円 小中学生で100円と気軽に入れる公園です

 

季節ごとに入れ替わる花を楽しむことが出来 小さな子供は遊具で遊べる地元の憩いの場でもある公園です

 

入ってすぐに見つけた看板↓

なんでしょうか? これは

菜の花と書かれてるけど 季節によって花は変わるのでこの時期同じ場所にはコスモスが広がってました

 

 

 

 

今だからこそ楽しめるコスモス

相方さんとは、あらためてコスモスを見に行ったことがないので立ち寄れてよかった~

 

 

ぶっさいくな顔は隠して お撮影~

 

 

 

あ これですね コロナウィルスを撃退してくれる青龍

青龍さんお願いしますね~

 

 

川棚温泉 グランドホテルお多福で温泉堪能♪ 地域クーポン券も早速 利用してみました

リフレッシュパーク豊浦から5分~10分程度で到着した川棚温泉街

今回のお宿は 川棚グランドホテル お多福

コロナ対策万全の宿泊

川棚温泉街の中でもひときわ大きな旅館

昔からCMを見たことがあって どんなとこだろう?と思っていた宿です

 

コロナ対策もしっかりされていて 本来ならお部屋まで案内してくれるのでしょうが

エレベーターも密にならないように今回は自分たちだけで部屋まで行きます

必要以上のサービスが出来ないのがもどかしいところかもしれないけど今の時期はこの方が安心ですね

 

 

 

お部屋は6F 最上階の和洋室

この棟以外に 別の離れの露天風呂付の部屋やペットと泊まれる部屋もあります

 

温泉

エレベーターで2Fで降りると いきなり 大きな宿のシンボル お多福が ドーン

 

 

女性の方は毎度誰かいるので 撮影することが出来ないので相方さんに撮影お願いしてます

お風呂の体験レビューはまた別記事にてお伝えしますね

地域共通クーポン券を利用してみた

風呂からあがると 同じフロア お食事処の前に売店があるので そこで早速地域共通クーポン券を使ってみることにしました

 

宿泊日が10月5日(チェックイン) 使用期限は翌日まで

左側には使用できる地域名が書いてありますが 私はちょっと勘違いしてて四角で囲ってある 山口だけで使えるのかと思ってしまい 結局このホテルで全て使い切りました

後でじっくり調べてみると 宿泊した県の隣接する地域で使えるようでクーポンに書いてあるように

山口 島根 広島 福岡 愛媛 大分で使えたんです

 

あちゃ~と思ったけど どちらにしても期限が短いので これでよかったのかな と思うことにしました

 

以上で6000円と数百円

翌日 6日のランチに使えばよかったのでしょうが お目当てのお店はクーポンは使えないようでしたし ちょっと使えるお店は意外と少ないようです

使えるお店を旅行前にあらかじめ下調べしておくことをお勧めします

コンビニは使えるところが比較的多いですが 出来ない場所もあるので要注意

夕飯

 

お待ちかねの夕飯

どのプランにするか迷ったけど 名物のふく料理以外も食べたかったので

毛利候おまかせ会席の 竹コースにしました 松コースだと 気持ち豪華なようですがあまり量も食べられないのでこちらにしました

他には ふくコースや瓦そば会席などいろいろあります

 

 

お品書き↓

 

とらふく 高森和牛 のどぐろなど 高級食材がそろってて期待度大

 

この 一口サイズのとらふく寿司が 最初に出てきたのですが

 

もう寿司というより芸術という感じで 非常に高級感のある一口で 感動しました。

以降の料理も 一つ一つが 丁寧に作られてるのが分かる おもてなしの心が感じられる上品な料理でした。

 

量的にはもしかすると 少なく感じるかもしれませんが 心と舌が満足するしお腹も十分満腹になります。

料理のクオリティは今まで泊った中でも高く感じました。

 

 

1日目のまとめ

出発を早めにしたので ゆっくりと時間いっぱい観光できたのは良かったです

海響館、 門司のレトロ街 リフレッシュパーク豊浦 川棚温泉 全て初めて訪れる場所で新鮮な気分でした

唐戸市場は何度か来たことがあるけど 市場がまだやってるときにきたのは初めてだったので いろいろと新鮮な魚が見れて楽しめました。

でもやっぱりオススメは 活気がある 金・土・日開催の 活きいき馬関街 がある時に行くのがいいですね。

なかなか充実した一日を過ごせました

2日目に続く

2020年初秋 GOTOキャンペーン利用 山口の温泉巡りの旅②【2日目川棚温泉→俵山温泉→湯田温泉の足湯巡り】
2020年初秋の山口温泉旅行の2日目です 1日目は水族館(海響館)、門司、唐戸市場、川棚温泉を楽しみました。2日目は山口の名湯 俵山温泉と 湯田温泉の足湯巡りをしました。湯田の足湯6か所を巡るチャレンジです
タイトルとURLをコピーしました