2020年初秋 GOTOキャンペーン利用 山口の温泉巡りの旅②【2日目川棚温泉→俵山温泉→湯田温泉の足湯巡り】

前回の旅行日記の続きです

1日目はこちら↓↓

 

2020年初秋 GOTOキャンペーン利用 山口の温泉巡りの旅①【1日目 下関 ・門司から川棚温泉へ】
2020年10月上旬に行った 山口の温泉旅行の1日目の旅行記です。観光は唐戸市場や海響館(水族館)、関門トンネルを渡って門司を回りました。メインの温泉は川棚温泉(かわたなおんせん)で充実した一日を過ごしました

川棚温泉から移動 道の駅 蛍街道西ノ市に立ち寄ってみました

 

川棚グランドホテルお多福の朝食

川棚グランドホテルお多福で迎える朝

 

この日もいい天気で気持ちいい~

窓から外を見ると 窓に何か書かれてます

よく見ると 海にぽっかり浮かぶ島の説明で フランスのピアニスト コルトーさんが絶賛した島が見えるのだとか  その名も 孤留島(こるとう)※正式名は厚島(あつしま)

知らない街のこんな 小さなエピソードを発見するのも旅の醍醐味ですね~

 

 

朝風呂を堪能した後は 朝食

コロナ対策の為 バイキング形式は ほんのすこーしだけで ご飯を注いだり 焼きたてのお魚や卵焼きは調理人などが直接手渡してくれました

サラダも従業員が大皿に取り分けてテーブルまで運んでくれました

 

 

デザートは3つほど ビンに入ったものがあり 全部食べたけど このミルクプリン?が

最高に美味しかったです!!

 

相方さんも大絶賛してました

 

宿の体験レビューはまた別記事で詳細を書いていきますね~

 

宿をチェックアウトして 2日目の温泉はしご旅スタートです

道の駅 蛍街道 西ノ市

 

目的の温泉の前に ちょっと立ち寄り

 

豊田町 道の駅 蛍街道西ノ市(とよたちょう みちのえき ほたるかいどう にしのいち)

 

ここは 当初は温泉はしごの候補地でもありました。

 

 

事前リサーチの時に なんとなく良さそうな感じではありましたが今回はパス

 

 

駐車場から見た建物は小さく見えたけど こんな風に奥に広がってるんですね

なんか建物か懐かしい感じ

 

 

この内庭の雰囲気 私が小さなころに通った幼稚園の作りによく似てます

だから懐かしかったのかぁ。。。

 

 

 

入口は狭かったけど中に入ると 縦長にズドーンと広がる売店

思ったよりも種類も多く見ごたえは十分にありました。

HPによると これまでコロナで中止にしていたイベントなども10月より再開したようで

これからが楽しみですね

休憩所 湯上り処も使用中止になっていたのも再開されたようです(2020/10月現在の情報)

 

 

古くから親しまれてる山口の名湯 俵山温泉

 

俵山温泉到着

 

道の駅 蛍街道西ノ市から更に北東に進んだところにある俵山温泉

 

駐車場は無料の共同のものがあります

ナビ通りに行くと多分分かると思います

 

 

駐車場から出るとすぐに湯治場の宿がずらっと並んだ路地があり そこを進んでいきます

 

 

一番手前右側の建物はお洒落なカフェ

よく見てみると 営業日は金曜~日曜が主で コロナの関係もあり営業日や時間が変更になるようです。

いずれにせよ平日は開いてなさそうです

 

 

この路地をずーっと進んでいくと 目的の大衆浴場 町の湯に到着

 

こじんまりとした建物で 2階が休憩所になります。

 

お湯は文句なしの トゥルトゥル美人の湯でした

比較的近い場所にあるもう一つの名湯 一ノ俣温泉もかなりの美人湯でしたが

こちらも相当な物  しかも飲泉も可能で入ってすぐに飲泉場があり飲むことが出来ます

 

温泉体験記としての詳細レポートはまた別記事でUPしますね~

湯田温泉の足湯巡り ハプニングでコンプリート出来ず。。

 

俵山温泉を堪能したら お次は最後の温泉目的地 湯田温泉街へと向かいます

 

しっかりと念入りにリサーチをして 足湯巡りをする順番も頭の中に叩き込んだうえでの

足湯巡りスタート

 

 

 

足湯巡りのスタートにふさわしいのが 湯田温泉駅に併設された足湯

既に2人ほど先客がおりましたが 何とか駐車場にも置けることが出来て無事に体験出来ました

 

ここ駅前のは少し熱くて 足が真っ赤!

あつっっ あつっっと いいながら入ってると隣にいた人は

今日はそうでもないよ~と おっしゃってました。

 

確かにしばらく足を付けてると 確かに火傷するほどではなく 何とか足はつけられるほどでした。

 

あまりぬるいのも 物足らないので これぐらい熱い方が常連客としてはいいようです。

 

この後も順調に次々と足湯を巡っていきます

 

ここは 手湯もある 足湯スポットで 車は近隣に停めることが出来ないので 近くのコインパーキングや立体駐車場などを使用することをお勧めします

 

さあ ここの足湯が終わったら 車でちょっと移動して離れた場所にある足湯で最後だ~と思い

ポケットに手を入れると・・・・

 

あれ

 

あれれれ??  いやいやい 嘘でしょう??

 

駐車券がない・・・・

 

わたくし 駐車券をどこにやったか分からなくなって 慌てて探しまくるということをよくやらかします。

なので今回も ぜーーーーったいに無くさないように と心に強く決めて ポケットに入れたのです

 

 

だから100%ポケットに入っていたことは確実です

しかも途中何度かポケットに手を突っ込んで 駐車券があることを確認してました

 

ただ一つ 気になってたのが ついつい無意識にポケットに携帯電話を突っ込んでしまったりしてたので 携帯電話を取り出すときに駐車券が落としてしまわないか ヒヤヒヤしていたということも事実としてありました。

もうこの時点で 駐車券をカバンの内ポケット(ファスナーが付いてる場所)に入れておくべきでした

 

でもまさか 本当に紛失してまうとは 夢にも思わなかったんですね。。。

 

結局すったもんだと 駐車場の管理会社などに連絡したり したものの

 

やっぱり絶対落としてると確信してたので 巡った足湯を戻ってみると

 

ありました!!

 

最後から2番目のところにしっかりと 落ちてました

 

よかった~  そして 自分の どあほーー

あれだけ 絶対に無くさないようにと いつも以上に慎重にしてたのに無くすなんて

 

そして ホっとして 駐車場を出たのはいいのですが

 

なんとなんと

 

最後の1か所を訪れるのを忘れてしまいました

 

ガーーーーーーン

 

 

 

 

もうね 皆さんは同じようなことはしないと思いますが 旅先でのこういうトラブルはほんとに残念だし 一緒に同行した人達と険悪なムードになるので 気を付けてくださいね

 

今回は駐車券を落としたこともだけど 最後の一か所を忘れてしまったことが残念で悔やまれます。

 

今年の正月旅行でチャレンジしたものの、最後の空港での撮影を忘れてしまった

まもるくんコンプリートを思い出します。。。

また同じ気持ちを味わってしまった~

 

※沖縄旅行にご興味ある方は どうぞ↓

2020年正月 【冬の宮古島5泊6日 温泉&リゾートホテルでのんびり旅】1日目” 広島→宮古島 は一日がかりの大移動 !夕方に到着する時の観光"
2020年1月2日から1月7日までの5泊6日の宮古島旅行記の一日目です。今回は3年前のリベンジ旅行で万全に体調を整えていくことが出来ました。テーマは温泉とリゾートホテルライフ。 宮古島の美しい海に囲まれながら大好きな温泉と最終日には少しリッチな気分でのんびりとホテルライフを楽しみました。 

 

 

2020 初秋 山口の温泉旅行のまとめ 感想 反省

 

今回の1泊2日の 山口温泉旅行は ハプニングこそありましたが無事に安全に終わることが出来ました

毎度旅が終わると もっと下調べしておいた方が良かった~と思うことがあるのですが

地域共通クーポン券について以外は それなりに調べていたので慌てずに済み 良かったです

 

今回は コロナ禍という今まで経験したことのない 状態での旅行でしたので

多少の戸惑いはありましたが わりと想定内ではあったし 意外と観光客の数も多く以前のような賑わいも感じたので 旅行らしい旅行が出来たと思いました。

川棚温泉 俵山温泉は初めてでしたが いずれも 湯ざわりが滑らかで気持ちのよい温泉でした。

 

湯田温泉は安定の美肌の湯で 今回は足湯だけだったけど また今度は旅館にでも泊ってゆっくりと湯田温泉の湯を味わいたいなと思いました。

あと 今回の美東SAで観光マップを見ていた時に気づいたのですが

まだまだ 聞いたことがない温泉の名前も書いてあってびっくりしました。

 

山口って本当に温泉が多いんですね~

 

温泉の施設って 年々その数が減っていってるので まだ営業してるうちに早くあちこち巡りたいものです。

ましてやこのコロナの影響で 閉鎖後押しになってしまうのは怖いです

 

特に小さな規模の温泉は早いうちに行っておいた方がよさそうですね

 

ではでは 以上で 2020年初秋 山口温泉旅行日記を終わります

 

また今回宿泊した 川棚グランドホテルお多福や 各温泉(俵山温泉 湯田温泉足湯巡り)の記事もUPする予定ですので 併せて読んでみてくださいね~★★

 

 

タイトルとURLをコピーしました