スポンサーリンク

■中国地方の全温泉リスト

 中国地方の温泉一覧
島根の温泉
広島の温泉 山口の温泉 岡山の温泉 鳥取の温泉
温泉体験一覧MAP 宿体験一覧MAP junnyの旅行記一覧 お役立ち情報 温泉雑記

■【地域別カテゴリーから記事を探す】

■ お知らせ 新着情報など

・NEW! 3/27更新まもるくんコンプリート②配置マップ
・NEW! 3/26更新まもるくんコンプリート①基本情報
・1/25更新【2020宮古島旅行6日目 熱帯植物園 旅のまとめ】
・1/24更新【2020宮古島旅行5日目シギラリゾート満喫/黄金温泉】
・1/18更新【2020正月宮古島旅行4日目与那覇前浜/栗間島】
・1/15更新【2020正月宮古島旅行3日目大神島/伊良部島】
・1/11更新【2020年正月沖縄宮古島 ”温泉とリゾートホテルで過ごす旅”2日目】
・1/9更新【 2020正月 沖縄宮古島”温泉とリゾートホテルでのんびり過ごす旅”1日目】
・12/14 更新 山口県のバリアフリータイプの貸切風呂がある温泉施設
・11月 島根の宿口コミレビュー【湯之助の宿 長楽園】
・9/28【連休で行く道後温泉グループ旅行】
・9/14【初めてさんの松江&出雲旅行】出雲大社/島根ワイナリー/松江フォーゲルパーク/玉造温泉
・8/10【山口 車中泊温泉旅 一ノ俣温泉】”晴天に映える角島と元乃隅稲成神社
・8/3 【山口の温泉体験レポート】一ノ俣温泉荘
・2019/7/20車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー設計の貸切風呂がある温泉施設【島根】
・ 2019/7/13【山口の温泉体験レポート】柚木慈生温泉 更新
・ 2019/7/6 車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー対応の【島根】の温泉施設 その①
・2019/6/22三朝温泉にある足湯&飲泉が出来るスポット(全5ヵ所)
・2019/6/15夏におすすめ!中国地方の温泉10選更新
・2019/6/14山口周防大島 竜崎温泉体験レポート更新
・2019/6/8広島→有馬温泉&姫路城 車中泊旅 更新
・新着 岡山県の秘湯9選のページ追加しました

・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行2日目 更新
・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行1日目 更新
・2019/5鳥取 はわい温泉&東郷温泉 【七福神の湯】足湯巡り 更新
・2019/5湯の川温泉 ひかわ美人の湯温泉体験レポート 更新

島根-飯南町の温泉【加田の湯】”川面に湧き出るにごり湯”

こんにちわjunnyです。

今回は島根は飯南町にある 通称 赤来温泉 ”加田の湯” (かだのゆ)の温泉体験レポート記事です。

島根と広島の県境にあり、自然豊かな場所に沸くお湯は茶褐色の濃厚な泉質で地元はもちろん秘湯マニアの方にも愛される温泉です。

道はそんなに険しいわけではありませんが 冬季は雪道となるので注意が必要です。

温泉基本データ

項 目 詳    細
施設名 加田の湯
温泉名 赤来温泉
泉質 ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩・塩化物泉
ph 6.6
源泉温度 14.3℃
その他特徴 茶褐色~黄金色のお湯は少しぬるめ 源泉かけ流し
営業時間 10:00-20:00
定休日 第2・4火曜日
料金 大人400円 小・中学200円
バリアフリー等  -
住所 島根県飯石郡飯南町下来島707-2
電話番号 0854-76-3357

 

施設・サービスなど

外観

3回は訪れた加田の湯。

初めて行ったときはちょうどGW真っ最中で人も多く、狭い脱衣場が大混雑でした。

2回目 3回目は平日だったため人も少なく静かでした。

規模も小さく人里離れた場所にある施設なので基本的にはそんなに混雑はないようです。

 

ただ、10人程度の団体でデイサービスや老人ホームの方たちが来られる時はお風呂場は混みあいます。

 

中に入ると受付があり、右側にはわりかし広めの待合場が。

地元の野菜販売コーナーも小さいながらありました。

 

レストラン

”ごんべい茶屋”という地元食材を使った料理をふるまう食堂もあるのでお昼ご飯も心配ありません。

バイキングなど出されるみたいですね。

因みに近くには 焼き窯があり ピザ体験などできるようです

詳細は分かりませんが、毎日ではなかったり予約が必要のようですので気になる方は問い合わせてみてくださいね★

私たちは節約のため、毎度おなじみ手弁当持参を休憩所でいただきました。

 

休憩所

休憩所は2間続きの和室で テーブルもいくつか置いてあります。

ハーフケットも自由使ってよいので 快適に横になって仮眠が取れました。

 

テレビも置いてありましたが、共同の休憩場は他の人との兼ね合いもあり、利用が難しく、ないほうがいい場合もあります。

まあ 極端に音を上げたり ガチャガチャチャンネルを変えなければ特には気になりませんが・・・。

 

周囲の様子

目の前は川が流れて 畑や田んぼが広がるのどかな風景です。

川面からは天然の温泉が湧き出る場所があり その周囲は茶褐色に染まってました。

この源泉を口に含まれた方の話では 温度はぬるく、炭酸成分が濃い目だったとのこと。

実際の内風呂の方は加温してるのでどうしても炭酸成分は抜けますが、それでも軽く小さな泡が体にぷつぷつとつくのは間違いないです。

 

お風呂の様子・入った感想

 

浴場内はけして広くはなく内風呂と水風呂、そしてサウナがあるだけで露天風呂はなしです。

それでも温泉成分で茶色に染まった床や 岩づくりの湯船などがいい雰囲気を出してます。

 

湯ざわりは やや固めで、鉄臭もかすかにします

ナトリウム系だからしょっぱいかと思い 少し舐めてみたけど塩っけはなかったです。

茶褐色の色味、微妙に炭酸泉などから、ここからもわりと近いラムネ温泉とも泉質が似てるのかな?という印象がありました。

サウナは極端に熱くもなくちょうどいい感じ。

まだこの頃はそんなにハードにサウナを利用してなかったし ここはどちらかといえば湯の泉質をしっかりと味わうほうを優先したい温泉です。

 

湯上りはサッパリしてるのに体はぽかぽか しっかり温もり 休憩所ではのんびりと出来て場所的にもドライブにもちょうどよいのでお気に入りの温泉施設です。

 

尚、飯南町は島根と広島の県境にもなるため非常に雪深い地域でもあります。

冬季は冬用タイヤ+チェーンなどは必須。 十分注意して通行してくださいね★

 

以上 ”加田の湯”の体験レポートでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

アクセス