沖縄-宮古島の宿口コミレポート【シギラベイサイドスイートアラマンダ】滞在記 “全室オールスイートルームでラグジュアリーな気分を満喫♪”

こんにちわjunnyです

今回は 沖縄 宮古島のリゾートホテル  “シギラベイサイドスイートアラマンダ”の宿口コミレビューの記事になります

宿泊した日の旅行日記はコチラ↓

2020年正月 【冬の宮古島5泊6日 温泉&リゾートホテルでのんびり旅】5日目"シギラリゾートで満喫 オーシャンスカイに黄金温泉 レンタルカートドライブ♪"
宮古島旅行5日目 最後の宿泊の日です。この日はイムギャーマリンガーデンとうえのドイツ文化村を訪れた後は早々にホテルにチェックインしました。最後の宿は ゆっくりとリゾートホテルでのんびりしようと思い"シギラベイサイドスィート"を予約してました。久々に宿泊したアラマンダは期待を裏切らないホスピタリティで大満足でした。

 

スイート と名前がつくようにオールスイートルームのラグジュアリーホテルで

宮古島のリゾートホテルの中でも人気です

 

では宿泊体験記を書いてみます

宿泊プラン・費用

いつもは宿泊予約だけであっても 楽天トラベルを利用しますが、今回はより安く泊まりたい という思いから調べてると直接ホテルの公式サイトから予約するのが安いので 会員になった上で予約してみました。

部屋タイプも迷いましたが 以前宿泊して良かったので今回も同じタイプをチョィス

予約サイト シギラリゾート公式サイト
宿泊プラン web会員5%OFF朝食付き プールヴィララグーンスィート最上階
部屋タイプ プールヴィララグーンスィート最上階 4階
費用 1人32,395 (2人64,790円)

 

設備・部屋・サービス

では実際のホテルの様子を見てみましょう

リゾートホテルなので サービスはかなり充実してますし お部屋も撮影し甲斐があったので今回は枚数多めです

 

外観・ロビー

 

今回予約したラグーンタイプは別棟ですが レンタカーはこちらの建物まで持ってきます。

フロント近くまで車で移動したら ホテルマンが誘導してくれるのでそのまま指示通り動いたらOKです

スイートアラマンダエントランス

 

レンタカーをこちらで預けたらこのカートに乗って移動します

スイートアラマンダの移動用カート

 

 

実際宿泊した棟の外観がこんな感じ↓

スイートアラマンダのプールヴラ棟の外観1

 

最上階といっても4階なので建物も圧迫感なくゆったりした感じですね。

 

チェックイン手続きは全てこのラウンジにて行います。

 

ウェルカムドリンクはとろーりとしたマンゴージュース

 

部屋

お部屋の様子です

 

プールヴィラ ラグーンスイートタイプのお部屋の間取りはこちら↓

 

 

 

 

お部屋の入り口も プライベート感満載

 

 

 

扉を開けると そこは白を基調とした開放感のある綺麗な空間

 

パウダールーム

洗面ボールはやっぱりお洒落。 これが旅館だと焼き物で出来たシックな洗面ボールを使われてるのをよく見かけます

 

 

体調管理の意識が高い人が増えてるのでヘルスメーターも嬉しい。

私はもう10年以上使ってないけど相方さんは温泉に行くと必ず計測するので こういうのはありがたいサービスです。

 

アメニティ

 

 

 

ホテルに宿泊した時のアメニティでその宿のグレードが分かります。

さすが ラグジュアリーホテルといった感じでかなり充実してます。

 

香水や衣類用消臭スプレー 入浴剤もあるし ブラシも普通の安っぽいものではなくクッション性のあるもの。

 

 

 

トイレットルーム

 

 

バスルーム

プールや遠くの海を眺めながらのバスタイム

お洒落で外国に行った気分

 

朝日を見ながらの朝風呂も楽しめます

 

クロゼット

 

クロゼット内は定番の金庫やスリッパ ガウンとタオル

持ち運び用のアラマンダオリジナルのトートバッグももちろん持ち帰りOK

 

リビングルーム

お次はリビングルームへ移動

 

落ち着いたカラーのアジアンモダンなインテリアが癒されます

 

 

DAYBEDは リゾートホテルの定番アイテム

2017~2018の年末年始 石垣&西表島旅行で泊まった 西表島のニラカナイもバリ風のインテリアだったので同じものがありました。   石垣島&西表島の正月旅行記

 

 

 

 

リビングの奥にはベッドルーム

ベッドルーム

 

あまり派手過ぎず落ち着いた色調

 

ベッドの上にはウェルカムドリンク ならぬ ウェルカム かめ

 

 

以前宿泊した時は緑色ののカメちゃんが置いてありました

 

今回のカメちゃんと一緒に並んで飾ってます^^ かわぃぃ♪

ルームプール

 

プールは常温

12月~1月の宮古島の気温は19℃~24℃ぐらいで お正月でも23~24℃ぐらいの日は結構あるので真夏ほど快適ではないけど真冬のプールもいけます。

 

夜はライトアップされるので ナイトプールも楽しめちゃいます

 

※ 何年か前に訪れた時は真夏(7月)だったので めちゃ泳ぎまくりました(笑)

↓やっぱり夏の撮影は綺麗に映えますね

 

 

設備/サービス

続いては部屋を飛び出し館内の設備などをご紹介します

 

ラウンジ

 

チェックインの手続きも行ったラウンジでは 到着後のウェルカムドリンクはもちろんですが
数種類のトロピカルドリンクも常時完備

 

スナックはミックスナッツや ドライフルーツ、小さなビスケットなど

 

ミックスナッツやお菓子と一緒にティータイム

飲み物はトロピカルドリンク以外にも もちろんホットコーヒーや紅茶 ワインやビールなどのお酒も飲み放題です。(アルコールは時間が決まってます)

 

屋外プール

 

外観の項にも載せてますが違う角度からも撮影してみました

 

部屋のプールは少し狭いので しっかり泳ぎたいという人はホテルの広いプールがいいですね

すぐ隣にはカメさんプール エサやりの時間にはこうして集まって可愛い姿を見せてくれますが一緒に泳ぐことは出来ません

 

カメさんと一緒に思わず泳ぎたくなるけどNG

 

 

こちらは本館のプール  こちらの方が花が綺麗に咲いてて綺麗でした。

プールヴィラの方は花もなく寂しい感じでしたね オフシーズンだからかもしれません

 

 

その他

カメさんプールの方からも入口がありますが ここはエントランスとかではなく いわゆる裏口

 

 

 

受付けとかもなく ただひたすら ゆっくりとくつろぐスペース

すぐ近くにはお手洗いもあります(撮影はしませんでしたが 高級感があってうっとりしました)

 

なんでもない ただのくつろぎスペースでも きちんと手入れの行き届いた空間で非日常を味わせてくれるのはさすがです。

お正月らしく 葉ボタンの生け花が素敵♪ 参考になります

 

館内レストラン

ヴィラスイート棟にあるレストランは 高級イタリアン料理の グランマーレ

ここを利用したかったけど 現地で散々迷った挙句断念したので 後になって後悔しました。

 

到着からリゾートホテルライフスタート。
部屋、設備 すべてにおいてラグジュアリーな気分満載で日常からの逃避行が出来ますよ~

ホテル周囲の様子

 

リゾート敷地内

シギラリゾート敷地内には様々なアクティビティなどが充実してます

・7つのホテル

・20か所のレストランやバー、カフェ

・ゴルフ場

・3か所のチャペル

・ビーチ

・リフト

・温泉施設

・各種アクティビティ

・各種レンタル(自転車 レンタカー カート ビーチサイドなどなど)

 

不定期に行われるイベントやライブ 花火など 1泊では全て味わいきれないほどの充実ぶりです。

 

【沖縄発のペアリフト オーシャンスカイ 】

物凄く高いわけではないのでそこまで怖くはなく 優雅な気分を味わえました

 

【レンタルカート】

敷地内のカート専用道路をうろうろできる レンタルカート

※2020/7月調査では公式サイトにレンタルカートについての表記が無かったので、このサービスはなくなってしまってる可能性があります

【シギラ黄金温泉】

宮古島を訪れたら必ず入るお気に入りの温泉です。今回はシギラ内に宿泊したので安く入れました

 

 

※参考サイト 公式 シギラセブンマイルズリゾート

近隣観光

比較的近い距離の観光地は

・ 上野ドイツ文化村(シギラリゾート内)

・ ユートピアファーム宮古島

・ 栗間島

・ 与那覇前浜ビーチ

 

少し足を延ばして 東平安名崎といったところでしょうか。

連泊するならリゾートから飛び出してお出かけするのも良いですね

 

ホテル内はもちろん リゾート敷地内も充実度120%!
夏はビーチやプール 冬は温泉がオススメ♪

料理

夕飯 ディナー

夜はホテル内または リゾート敷地内のいずれかで食べる予定でした

一番の希望は 宿泊する棟にある 高級イタリアン料理のグランマーレ(画像は上記に)

でもここは コース1万円~だったので 予算オーバー

期間限定で1万以内のコースが出ることもあるようですが この時はなかったので諦めました

本館や他のリゾート内のもやっぱり全体的に高めで かなり悩んで末、結局一番安そうな 屋台村にしました。

 

味は美味しかったですが この2品しか食べなかったので量は少なかったですね

一番安いといっても 屋台にしてはやっぱり高めなので 中途半端なお金の使い方をしてしまったのでこれはちよっと反省点です

 

 

朝食 モーニング

朝は定番ブッフェ(朝食付きプラン)

 

晴天に恵まれたので ガーデンデッキで優雅な気分を味わいました

 

パンの種類も豊富で パン派は嬉しい★

 

目の前がプールでリゾート気分も上々。

本館のプールはこうして目につくから お花も多いのかもしれないですね

 

レストランも沢山あるのでよりどりみどり!
自分の好み 予算に合わせてチョイスしてみてください♪

シギラベイサイドスイートアラマンダに泊まってみた感想

ここは以前宿泊したことがあるリピート宿。

期待通りのクオリテで相方さんも喜んでくれたし 何より冬のオフシーズンだったため

一人当たり32,000円と、価格としてはびっくりするほどの高さもく宿泊出来たのが良かったです。

真夏だとやっぱり2倍ぐらいの値段になってしまいます。(2020年7月調べで 7月の平日で1人63,000円ぐらいでした)

全体的な客層は家族連れというよりは 夫婦やカップル 友達同士といった小規模での宿泊が多いような印象で 静かにゆっくりしたい人にはぴったりですね。

リゾートホテルはどこもそうだけど 1泊だけでは全てのサービスを満喫しきれないので連泊が理想ですね。

次回は少しグレードを下げてでも2連泊で楽しもうかと思います。

ホテルそのものの 不満点や気になる点というのはないけど 反省点としては夕飯のレストラン選びが心残りでした。

変なところでケチろうとするのはやっぱり駄目だなと 改めて実感しましたね。

 

旅先の食事って なかなか悩ましいところではあります。

まだまだ旅の達人にはなり切れない私達だけど そろそろ初心者から脱却したいものです。

 

以上 シギラベイサイドスイートアラマンダ  の体験レポートでした♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

6.所在地・アクセス

施設データ

宿泊施設名 シギラベイサイドスイートアラマンダ
所在地 沖縄県宮古島市上野新里926-25
電話番号 0980-74-7100
その他 シギラリゾート内
バリアフリー 一部段差なし/車椅子用トイレあり
宿泊予算 冬季相場 25,000~/夏季相場44,000~(2人宿泊)

アクセスMAP

 

宮古島のその他の宿 滞在記

タイトルとURLをコピーしました