三瓶温泉(さんべおんせん)【島根の温泉情報】”三瓶山に沸く鈍茶色の薬効温泉”

三瓶山に沸く鈍茶色の薬効温泉 三瓶温泉

三瓶温泉は大田市に位置する三瓶山の南中腹にある高原のお湯。以前は志学温泉(しがくおんせん)と呼ばれる湯治場でしたが現在は観光客に向けた温泉地となり宿泊場なども増えました。泉質は土を含んだナトリウム 塩化物系で鈍い茶褐色のお湯が特徴です。
その豊富な源泉はまさに大地の恵み。静かな温泉場で民芸品や小規模のお土産屋 商店などもあります。



三瓶温泉の泉質や効能など

温泉名 三瓶温泉 (さんべおんせん)
所在地 大田市三瓶町志学
泉質 ナトリウム―塩化物泉(含塩化土類食塩泉)
ph 5.8
源泉温度 39.2℃~
効能 リウマチ 皮膚病 婦人病 胃腸病 神経炎など
色 匂い 茶褐色 鉄臭 土臭 固めの湯
アクセス JR山陰本線大田市駅から岩見交通バス三瓶温泉行40分 三瓶温泉下車1~15分

 

三瓶温泉街MAP

 

三瓶温泉に日帰りで入れる施設とクチコミ

 志学薬師 鶴の湯基本データ ↓
志学薬師 鶴の湯 (しがくやくし つるのゆ)
お風呂の種類:内湯1つのみ
日帰り料金   :大人 300円 子供 150円
営業時間      : 14時~20時
定休日     : 元日
住所    : 島根県大田市三瓶町志学932-1
電話番号  : 0854-83-2238(三瓶観光タクシー)
休憩室   :あり(無料)
アメニティ : なし
施設HP :    -
その他 :無人/タオルやアメニティの販売もありません
■ 志学薬師 鶴の湯のクチコミ ↓ ※ニフティ温泉より
・50代男性 勿体ないほどの驚きの湯量に目が釘付け 少しキシキシする浴感  ★4つ
・?代男性 最強の掛け流し湯です。口に含むと苦みと清涼感があります  ★5つ
・ -    銭湯みたいな感覚で利用してます 古い感じで素晴らしかった ★3つ

■ 鶴の湯の体験レポート記事はこちら↓

島根-大田市の温泉【志学薬師 鶴の湯】”濃厚にごり湯の三瓶温泉
島根は大田市にある三瓶温泉 【志学薬師 鶴の湯】の体験ポートです。豊かな自然に囲まれた豊かな源泉量が特徴の三瓶温泉。赤茶褐色の濃い成分で濁り度も高く、小さな大衆浴場の雰囲気も最高でした。

 

 国民宿舎 さんべ荘基本データ ↓
国民宿舎 さんべ荘 (こくみんしゅくしゃさんべそう)
お風呂の種類:内風呂 露天風呂 サウナ 水風呂(全16種類)
日帰り料金 :大人600円/子供400円/幼児200円
営業時間  : 10時半~20時
定休日   : (2019/4~改修工事の為一時休業 冬頃まで)
住所    : 島根県大田市三瓶町志学2072-1
電話番号  : 0854-83-3151
アメニティ  : あり
休憩室   : あり
駐車場   : 無料70台
施設HP    :  http://www.sanbesou.jp/
その他     :宿泊/レストラン/売店/本館はバリアフリータイプの客室あり
※R2年3月1日リニューアルオープン
■ 国民宿舎 さんべ荘のクチコミ ↓ ※じゃらんより
・50代女性 ぬるめのお湯にゆっくり浸かりました。日よけがあるとよかった ★4つ
・40代男性 沢山の湯舟がありぬるめなので何時間でも入れます。熱い湯もあります ★4つ
・50代男性 少しぬるめで長くは入れた 昼の三瓶そばも美味しく、建物は古いが掃除も行き届いていた★4つ

※情報最終確認 2021/5月
■国民宿舎さんべ荘の体験レポート記事はこちら↓

【三瓶温泉 国民宿舎 さんべ荘】島根-大田市の温泉体験レポート"釜風呂・木船浴槽がユニーク !"
島根県大田市の三瓶山にある 温泉宿(三瓶温泉) 国民宿舎さんべ荘の 温泉体験レポート記事です。釜風呂 木船風呂など風情ある浴槽が特徴で 赤茶褐色の濁り湯は最高の泉質でした

 


 四季の宿 さひめ野 基本データ ↓
四季の宿 さひめ野 (しきのやど さひめの)
お風呂の種類: 内風呂 露天風呂
日帰り料金: 大人 500円/3歳~小学生300円
営業時間:  13時~20時
定休日 :   -
住所  :  島根県大田市三瓶町志学2078-2
電話番号 :  0854-83-3001
アメニティ: シャンプー・リンス・ボディソープ・ピーリングジェル/ドライヤー・化粧水・ヘアトニックなど充実してます(四つ足杖もあり)
休憩室 : なし
駐車場 : 無料 70台
施設HP:  https://sahimeno.jp/
その他 : 宿泊/お食事処/売店/娯楽ルーム/大広間(団体客用)/マッサージスペース/
■ 四季の宿 さひめ野のクチコミ ↓ ※Yahooトラベルより
・?代男性 食事 温泉も良かったし職員の対応もよかった ★5つ
・60代男性 全体的に古いが掃除が行き届いてた。朝、新聞のサービスがありがたかった ★4つ
・60代男性 部屋は洋室で広めだったが景色は玄関の屋根しか見えなかった  ★3つ

その他

亀の湯(大衆浴場)

島根-大田市の温泉体験レポート【三瓶温泉 亀の湯】"源泉ドバドバ 赤茶の濁り湯が最高!昭和の匂いがぷんぷん漂う大衆浴場 "
三瓶温泉の大衆浴場 亀の湯の体験レポートです。鶴の湯に続き三瓶温泉第二弾の体験記。同じく大衆浴場で こちらも赴きある素敵な温泉施設でした。加温は夕方からなので要注意です。

湯元旅館(宿泊のみ温泉利用)



 

三瓶温泉のまとめ

三瓶温泉は とにかくその濃厚な泉質と湯量で訪れる人を圧倒させるパワフルな温泉だと思います。

温泉街としては 昔にくらべるとやはり寂しくなったという声も聞かれます。

それでも その良質な泉質 秘湯感あふれる温泉を求めて全国から多くの温泉マニアも集まる名湯で 絶対に完全に廃れるということはないと感じました。

公衆浴場としての日帰り温泉は今回ご紹介もして私自身も体験した 志学薬師 鶴の湯の他、亀の湯があります。

広さ 古さなどはいずれも同じぐらいですが 外観は鶴の湯が改装済でかなり綺麗に見えますし休憩室もあるのでゆっくりと出来るのはこちらかもしれません。

もう一軒注目したいのが 湯元旅館
湯元というだけあって ここのお湯はかなり濃厚そうで 他の方の体験ブログなども拝見しましたが 浴槽の沈殿物が凄かったです。

日帰り入浴は事前の予約が必要です( 三瓶温泉 湯元旅館 0854-83-2215 日帰り入浴 500円)

宿泊なども楽天やじゃらんなどの予約サイトには掲載されてないようなので直接連絡する必要があるようです。↓↓ 湯元旅館について 下記追記をご覧になってください

 

※2021年5月 追記

こちらの湯元旅館は2018年の島根西部地震により建物が倒壊し営業が出来なくなってましたが、クラウドファンディングにより 2020/7月さんべ蕎麦と 三瓶温泉が楽しめるお洒落なカフェ

『さんべ温泉 そばカフェ 湯元』 として新たにオープンしました

営業時間 11:00~15:00(そば)
15:00~17:00(カフェ)
11:00~17:00(温泉)
定休日    火曜日
電話番号  0854-83-2215

コロナ渦の中の再オープン 大変だったと思いますが無事に再開出来てよかったですね~

湯元という名が付く通り、源泉かけ流しの濃厚なお湯はそのままでのようです

三瓶温泉の近くにある他の温泉

粕淵温泉(かすぶちおんせん)
湯抱温泉(ゆがかえおんせん)
池田ラヂウム鉱泉(いけだらじうむこうせん)
千原温泉(ちはらおんせん)

・【島根の温泉一覧マップに戻る】

タイトルとURLをコピーしました