2022年 正月 沖縄本島旅行 【リゾートホテルのラウンジはしご旅 】4泊5日④ ”最後のお泊りはブセナのスイートルームで優雅に過ごす”

こんにちわjunnyです

今回の記事は

2022年 年明け 正月 沖縄旅行4日目の日記です

 

3日目はこちら↓

2022年 正月 沖縄本島旅行 【リゾートホテルのラウンジはしご旅 】4泊5日③”残波岬の猫と東南楽園植物園のイルミネーションで癒される”
沖縄旅行(2022年)3日目は残波岬→万座毛と立ち寄り、早々にホテルにチェックインしました。ホテルは比較的知名度の高い”リザンシーパーク谷茶ベイ"のロイヤルプランです。予想外の大浴場は雰囲気もよくて癒されました。夜は東南楽園植物公園のイルミネーションを楽しみました

 

1日目 広島→那覇空港までの移動と ホテルでの濃厚温泉
2日目 ガンガラーの谷/ホテルラウンジ/国際通り

リザンシーパーク谷茶ベイの朝食

 

朝食会場に着くと 結構人が多くいました。

初日ほどではないけど 子連れが多い印象でした

 

 

ここもパンの種類はわりと多めで嬉しい

 

 

 

ホテルの規模も大きく 朝食会場もかなり広く感じました。

オフシーズンで 正月三が日も過ぎてるこの日でも そこそこ人が多かったので

夏休みとかはかなり混雑しそうですね

 

 

 

ちょこっと立ち寄り① 瀬底大橋

4日目の最初の立ち寄りスポットは 瀬底大橋

ホテルからは ぐぐっと北上し、

有名な美ら海水族館の少し手前の場所にあります

 

海の綺麗さではトップクラスの瀬底ビーチは泳がなくても
一度は訪れたいスポットです

 

橋を過ぎた先に 数台停められるパーキングがあります

 

橋の上から覗くと 綺麗な海が見えます・・が

 

やっぱり雲が広がってきたからかやや 鮮明度が薄い感じですね

 

反対側もちょっぴりダークな色合い

 

2016~2017年 年末年始沖縄&宮古島旅行の時に撮影した瀬底ビーチは
晴天下だったので綺麗でした↓

実は 最初は瀬底のすぐ先にある 美ら海水族館にでも行こうかと思って

ナビも水族館に設定していたのですが、この日も早めにチェックインしたいと思っていたので

辞めました

美ら海水族館に行った時の旅日記↓

2019年 正月沖縄旅行 3日目

2017年 正月 沖縄&宮古島旅行 2日目

2016年 GW明け 沖縄旅行 2日目

ちょこっと立ち寄り②   古宇利大橋

お次は 沖縄に来たら必ず1度は訪れる 古宇利橋(古宇利島)

 

 

 

橋を渡る手前のパーキングにちょっと立ち寄ってみます

意外と人が多く 数台の車が停まってました

 

三が日は過ぎたけど、まだ冬休みだからか 移動販売カーもありました。

 

 

すぐ隣には 何やら雰囲気の良さそうなヴィラタイプのホテルが

後で調べると フェリスヴィラスイート古宇利 という名前のホテルでした。

その名の通り全室オールスイート

宮古島や伊良部、にもあるようです(名護は2022 1月で営業終了となりました)

今後の泊まりたいホテルとして早速候補入りしました

 

ただ、目の前のビーチは 現在まだ軽石の漂着で全体的に砂浜が黒っぽくなってます

せっかくの 景色もちょっと残念な感じですが 次の夏までには

かなり綺麗になってると期待します

 

橋を渡ってみましたが やっぱり鈍い空の色の下

海の色もいまいちです

 

 

古宇利島の ふれあい広場

車は10台前後ぐらい

まだ冬休みということを考えたら ちょっと少ないのかな~と思います

 

 

ここも大好きなビーチの一つですが やっぱり海の色はいまいち

人も おらず寂しい感じです

 

この後、ホテルへ向かう前に お土産を買いに行きました

空港やホテルなどのお土産ショップより安く買えてお土産の種類も多い

イオン(マックスバリュー)がお土産を買う場所として定着してます

 

 

ホテルへ移動 ブセナテラスのスイート

さて この日は最後の宿泊ということで

最終日恒例の スイートルームでのお泊りです

どこのスイートルームにしようか 迷った挙句

前回の沖縄本島旅行の時にも候補に挙がっていたけど泊まらなかった

 

ブゼナテラスにしました

ラウンジが利用できるのゲストルームは

【クラブコテージ】 か 【クラブフロア】

その中でもいろいろと ランクがあるのですが

予算内で 自分たちの好みのタイプは クラブコテージタイプ

 

同じコテージ内で1階と2階に分かれており

2階がデラックスで ベランダから海が良く見えるのがメリット
1階がスーペリアで プライベートプールがついてるのが特徴

 

どちらにしようか迷った末、
以前相方さんが プライベートプールで嬉しそうに泳いでた姿が思い出されたので

クラブコテージ スーペリアスイート

にしました
※13歳未満は利用不可です

 

場所はこちら↓

沖縄本島の中でもセレブ感満載のラグジュアリーリゾートホテルです

 

 

初めて泊まる時の到着時のワクワクはたまりませんが
それがラグジュアリーなホテルとなると 更にその高揚感は増します

 

 

 

 

車は どのお部屋のプランでもパレットサービスがついてるので

駐車場まで歩いて車を取りに行く必要はありません。

 

 

 

ヨーロピアンな雰囲気の エントランスとロビー

スイート宿泊の方は 通常は、クラブラウンジにてチェックイン手続きですが

現在(2022 /1月)は改装中で ライブラリールームでの受付となってました

(3月31日まで)

 

そして  ラウンジの変わりとしてティーラウンジ(リビングルーム マロード)
にて サービスを受けました↓

 

到着後すぐの時には ピアノ生演奏もしてました

 

 

6つぐらいのケーキを持ってきてくださり お好きなものを と言われたので
欲張って2個づつ頂きました(笑)

相方さんの モンブラン 今まで食べたモンブランで一番美味しかった

大絶賛です!

因みに 普通にこのティーラウンジを利用したら ケーキは1個当たり600円前後

コーヒーも500円以上はしますので これもスイートルームの大きなメリットですね

 

優雅な気持ちでティータイムを味わわせてもらった後は

いよいよお部屋へと案内されます

 

コテージは 本館から離れた静かな場所にありますので

バトラーサービスで送ってもらいます

 

一つ残念なのが  自分たちで運転して移動が出来ないこと

狭い道の中を移動するので 多くのカートが自由に行ったり来たり
することが出来ないので仕方ないのですが

気まぐれで自由にフラフラと動きたい私達にはちょっと不便でした。

 

勿論 何度でも 本館まで往復したとしても全然笑顔で対応はしてくれるでしょうが

やっぱり 人を動かすのって申し訳ないな~なんて思っちゃうんですよね。。

 

この辺も 実際に泊まってみないと分からないことです

 

 

 

プライベート空間満載の コテージに到着

私達のお部屋は階段を下りた 1階部分です

 

どうやら コテージの中でも一番端っこのようで

側面の窓からも海が見える いいお部屋でした

 

コテージの場所↓

※ブセナテラス公式サイトより出典

 

 

公式サイトにて パノラマビューでリアルにお部屋が見れます↓

ザ・ブセナテラス (クラブコテージ スーペリアスイート)

 

 

ふっかふかのダブルベッド

 

 

 

 

ウェルカムフルーツをお外で食べてみました

曇り空が残念ビュー・・

 

海をバックにウェルカムフルーツを食す女

そのまま波にさらわれてしまいそうなぐらい海が間近に見えます

 

 

そうそう、実は これも今回チェックインしてから知ったのですが

ブセナには大浴場(スパ)もありました

勿論大喜びで 利用したかったのですが まんえい防止の為

夕方の18時でお風呂は終了・・・サウナも中止
(本来は22時まで営業)

 

出来れば 夕方までゆっくりと部屋でくつろいでから

本館でウロウロしたついでのお風呂に入ったり夕飯も済ませたかったので

ちょっと面倒だね~ という感じになってしまい

結局大浴場の利用はしませんでした。

↓こちらが 大浴場とジム(サウスタワー)

 

 

 

代わりにお部屋のお風呂を利用

 

 

お風呂のそばにあった、お花のバスペタルを浮かべ、バスビーズも併せて入れて

優雅なバスタイム~

夕方の5時にはタオルなどのリネン交換サービスがあるので

プールやお風呂などでタオルを利用しても安心です(バスビーズも補充されてました)

 

連泊でなくても その日のうちに交換してくれるのは凄いですね~

 

 

お部屋で十分くつろいだので 本館の方へ戻って散策することに

 

 

 

 

売店や ショップもお洒落さんです

 

 

こういうホテルの服飾ショップって あまり好みのものがないイメージが強かったけど

旅を重ねていくとともに年齢も一緒に重ねてくると 段々と自分に似合ったような服が見つかるようになってきました。

こんな些細なことですが 心や生き様の変化に気づけるのも旅の楽しさです

 

 

何やら外から サックスの音が鳴っていたので出てみると

プールサイドで 演奏されてました。

 

サウンド・オブ・サンセット というイベントのようで

夕日が沈むタイミングに合わせて サックスの音色を聞きながら
プールサイドで横になりながらくつろぐ 優雅な時間を過ごすことが出来ます

 

この日は少し薄曇りで あまり綺麗なサンセットは見れなかったけど

しっとり大人の空間がそこにはありました

 

↓ 晴れてたこんなサンセットが見れるようです
※公式サイトより出典

 

お次は ティータイムを過ごしたカフェにて

カクテルタイム

 

本来なら ラウンジルームでのサービスですが

この場所も 雰囲気が良くて素敵なカクテイルタイムを楽しめました

 

 

最後の宿泊日のこのホテルでは レストランでリッチなディナーを!

と張り切ってました。

いろいろと 検討してみました

★ 検討の様子

・イタリアンレストラン 【チュララ】

本格イタリアンなのに めちゃくちゃ高すぎないみたいだったけど コースメニューがなく、何を頼んでいいのか分からず やめました

 

・チャイニーズダイニング 【琉華菜苑】(リュウカサイエン)

コース料理でも一人8,800円と 高すぎず安過ぎずちょうどいい感じでしたが 相方さんがあまり中華はイマイチとのことで 断念

 

・メインダイニング  【ファヌアン】

気持ちとしては ここにしたかったけど 服装制限があること、コースメニューが2万~3万と
ちょっと私達には高すぎでした

 

・鉄板焼きレストラン 【龍潭】(リュウタン)

コース料理の予算は14,000~2万と やや高めなのと、お肉メインの食事 鉄板焼きメニューというのが そもそも あまりピンとこなかったので 候補からは外れました

 

・シーフードマーケット 【ランブルフィッシュ】

単品メニューで どれも美味しそうだったけど イタリアン同様、何を頼んでいいのかわからないので やめました

・バーベキュー

野菜とお肉のバランスがよく、コースメニューも比較的リーズナブル(一万円はしなかったハズ)
ですが、私達は外食でバーベキューをすることがないので やはりこちらも候補から外れました

・ 和食レストラン 【真南風 】(マハエ)

二人とも大好きな和食のコースメニューは懐石で14,300円と やや高めですがギリギリOKかな?という金額。 ただ、この日はなんと お休み・・・ 泣く泣く断念です

 

 

 

予算が許せば、ファヌアンかランブルフィッシュを選んでいたかな~という感じですけど

結局 決められず、 ラウンジでのカクテルタイムでお腹いっぱいになってしまったので

夕飯はナシ となりました

なんて極端な選択でしょう。。。

 

まあ ラウンジを楽しむコンセプトの旅なので これもアリかも

 

それに オードブルメニューも豪勢で美味しかったし、お酒も飲み放題だったので、それに加えてコースメニューは私達の胃には負担が大きかったことでしょう

 

お部屋に戻り、部屋についていたビーフジャーキーとお酒で乾杯して

最後の夜は終わりました。

 

※ザ ブセナテラスの宿泊体験レビューは別記事にて またUPします

 

 

最終日 5日目に続きます↓

2022年 正月 沖縄本島旅行 【リゾートホテルのラウンジはしご旅 】4泊5日⑤ ”最終日は おきなわワールドで〆 旅のまとめ 費用など"
2022 沖縄本島旅行最終日は おきなわワールドに行ってみました。何度も訪れた場所ですが 玉泉洞は初めてだったので新鮮な気分で楽しめました。あとは旅のまとめを記述してます(日程、泊まった宿、費用、感想など)
タイトルとURLをコピーしました