2022年 正月 沖縄本島旅行 【リゾートホテルのラウンジはしご旅 】4泊5日⑤ ”最終日は おきなわワールドで〆 旅のまとめ 費用など”

こんにちわjunnyです

2022 年明け沖縄旅行5日目(最終日)の旅日記は

最後の観光と旅のまとめ(日程 費用 感想など)となってます

 

前日(4日目)の旅日記

2022年 正月 沖縄本島旅行 【リゾートホテルのラウンジはしご旅 】4泊5日④ ”最後のお泊りはブセナのスイートルームで優雅に過ごす"
2022 沖縄旅行4日目 ささっと立ち寄った 瀬底大橋と古宇利大橋はいまいちな天候の為綺麗な景色は撮れず残念。やっぱり海を見るのがメインの観光スポットは天候に大きく左右されます。 でもこの日のメインは ブセナテラスのスイート宿泊! 期待以上のホスピタリティで私達の心と舌を満足させてくれました。

ザ ブセナテラスの朝食

5日目の朝

やっぱり曇り空と思いながらよく見てみると

少し雨が降っていたのか 赤味の強い虹がかかってました

去年 小浜島の朝、港に向かうバスの中でも 虹を見かけましたが、結構明け方の虹が多いのかな?

沖縄では虹の目撃率は高いですね

 

しばらくすると 少し晴れ間が覗いてきました

 

昨日もこれぐらいの晴天であって欲しかったですね~

 

定番の朝風呂に入りたかったけど 大浴場は通常でも9時からで

最終日のこの日に朝風呂に入るのは難しかったです。

 

結局 ブセナの大浴場には一度も入れないままで残念でした

 

とりあえず朝食会場へ行くために
本館までの送迎車を呼びました

 

 

 

朝食も 大幅改修の為、宴会場みたいな場所が会場になってました。

ブッフェですが、さすがに 品質も他のホテルよりはクオリティ高めと感じました

 

相方さんは大好きなチーズたっぷり

ミネストローネも 本格的な感じ

お箸を探したけど見当たらず・・

ナイフとフォークで食べるのは ちょっと苦手ですが

せっかくなので上品ぶって ナイフとフォークで頂きまます

(多分 箸はおいてあったと思いますが探せませんでした)

 

食事が終わり また一旦お部屋まで送ってもらい

荷物をまとめ、再び本館までの送迎を頼みました

 

こうしてみると やっぱり離れまでの送迎は面倒ですね・・・

因みに朝食は自分のお部屋でも食べることが出来ます(前日までに予約が必要)

何度も行ったり来たりしたくない場合は それも一つの手です。

 

チェックアウトは1Fロビーのフロントで行いました。

 

 

優雅な時間  高いホスピタリティのザ ブセナテラス

名残惜しいけど  またいつか泊りにこれるだろうと思いながら

チェックアウトを済ませて 車を走らせました

※ ブセナテラスの宿泊レポートは別記事にてUPします

おきなわワールド

那覇→広島便は夕方 16:20分発

レンタカーは2時間前の14時半頃には返却しておく必要があるので、
最終日は 空港に近い南部の観光スポットを回るのがお決まり。

 

さて どこにいくか?

 

ウミカジテラスやイーアスは既に行ったし、特に行きたいところといっても

なかなかピンとこず、悩んだ末

 

せっかくだから沖縄らしい場所ということで

おきなわワールドに行くことにしました。

 

もう何度も訪れたことがある おきなわワールド

大好きなエイサーのショーもあるし 沖縄らしさをたっぷり味わえる施設なので

行先に困った時は 選択肢の一つに必ず入るスポットです

 

 

お花のポットで作られたシーサー前で記念撮影

 

 

玉泉洞

何度も訪れたとは言いつつ、実は鍾乳洞に入るのは初めてだったので

ちょっとワクワク ドキドキ

 

鍾乳石って ほんと面白い形をつくりますよね

マリア像かお地蔵さんのような立ち姿に見えます

 

2日目のガンガラーの谷では 男性と女性のシンボルが印象的でした

 

演出のブルーのライトに照らされて綺麗~

 

思ったよりも鍾乳洞の規模が大きく 全長が5,000m(5km)

一般公開されてる部分は1kmにも満たないそうですが

結構長く感じて 最後は早歩きになってしまいました

園内の様子

玉泉洞を出た後は ショップや城下町などを通りながら広場まで移動します

 

最初に通ったのが フルーツショップ&カフェ

冬場は数が少ないけど それでも店頭にはいくつかフルーツが並べられてました

 

 

お土産ショップなども通過

琉球ガラスが綺麗です

 

琉球王国城下町をウロウロ

昔ながらの沖縄の古民家など 本土にはない琉球文化の様子を見ることが出来ます

 

 

ハブ酒の製造工場も見学出来ます

 

 

エイサーショー

お待ちかね 大好きなエイサーのショーが始まりました

 

躍動感あふれるエイサー

力が湧いてきますね

 

琉球舞踊も初めて見た時は感動

実家の家に このお人形さんがあって、変わった衣装だな~と思ってました

懐かしい思い出の琉球のシンボル衣装でもあります

 

獅子とおばぁの ユニークなショー

 

会場のお客さんの人数は この状況のせいか、やっぱり3年前より少なく

ショーに出てる人たちの人数も 前回より少なかったので ちょっぴり迫力に欠けるかな~という印象を感じました。

働く側のスタッフも人数を制限してるのだと思います。

 

あと、マスクつけての演舞も苦しそうで気の毒でした。

普通に踊ったり 声を張り上げるだけでも大変なのに 息苦しいマスクしての演舞

ほんと大変だけど、苦しそうな表情もせずにイキイキと頑張ってる姿は

さすがプロですね

 

 

那覇空港

空港に到着する瞬間は なんとも寂しいガッカリ感を感じます

 

離島旅行が多く、 那覇空港のチェックインロビーは やや不慣れなためか、
ウロウロオタオタしてしまい うっかり上着を椅子の上に忘れてしまいました。

警備員のおじさんがインフォメーションに届けてくれてたので無事に見つかり
ホっとしました・・・

 

 

あまり見慣れない 那覇のチェックインロビーにも綺麗なお花飾り

 

待望の 那覇空港で食べる 沖縄そば

無事に手荷物を預けた後は

数年ぶりの 那覇空港の沖縄そばを食べにレストランのある4階へとあがります

(チェックインロビーは3階)

 

沖縄本島で一番好きなお店が ここ那覇空港の 天龍

 

そんなにたくさんのお店を回ったわけではないのですが

相方さんはここの天龍が一番美味しいと大絶賛してます。

 

このジューシーセットかお気に入り。

ここで食べると 初期の沖縄旅行を思い出して新鮮な気持ちになります

 

 

広島に帰る

 

保安検査も済ませ、出発ロビーで待つこの瞬間も寂しい。。

 

 

いつも 急遽このまま石垣島か宮古島へ行こうかしら・・と思ってしまいます

 

 

次々と飛び立ったり 到着したりと忙しい那覇空港ですが

全体的に便数は減減ってるようです

次来るときは 人ごみでうんざりするぐらい賑わっていてほしいですね

 

 

最後にブルーシールのソフトを食べて〆ます

いつもはMIXだけど今回はオール紅芋

 

 

帰りの飛行機

次はいつ飛行機に乗るんだろう・・と思いながらも

なんだかんだと 毎年連続で乗ってます。

 

広島空港に近づくと例年はこんな感じで暗いのですが

 

↓↓去年はなぜか こんなにクッキリ明るくて上空からの景色が良く見えました

※2021年年明けの 石垣 小浜 与那国旅行の最終日(尾道の上空)

到着時刻は毎年同じはずなのに 何故なんだろう? 晴れてたから?

未だに疑問です

 

こんな感じで
4泊5日の2022年年明け 沖縄本島の旅も無事に終わりました

旅のまとめ

では 最後に旅のまとめをしてみます

日程&宿泊したホテル

 

1日目 広島空港→那覇空港 OTSレンタカー → ホテルチェックイン
温泉 猿人の湯
1泊目 宿 【ユインチホテル南城】さき楽60  アネックス棟 洋室ツイン
2日目 ガンガラーの谷→イーアス豊崎→ウミカジテラス→ホテルチェックイン
国際通り のれん街
2泊目 宿 【沖縄ハーバービューホテル】さき楽90 最上階クラブラウンジアクセス付
3日目 残波岬→万座毛→ブセナ公園→おんなの駅→ホテルチェックイン
大浴場 東南楽園植物公園(イルミネーション)
3泊目 宿 【リザンシーパーク谷茶ベイ】最上階確約 ロイヤルプラン
4日目 瀬底大橋→古宇利橋(古宇利島)→お土産購入の為にイオン→ブセナテラス
4泊目 宿 【ザ ブセナテラス】クラブコテージ棟 スーペリアスイート 空港送迎付 
5日目 おきなわワールド→空港の天龍で沖縄そば→広島

 

1日目 日記 2日目 日記 3日目 日記 4日目 日記

旅行にかかった費用

■ 楽天トラベル ANA楽パック
那覇⇔広島 往復航空チケット代
レンタカー代4泊5日
宿泊代 4泊分

292,200円 (2人分)

■ ホテルグレードアップ追加料金
ユインチホテル南城(2階→7階)1,000円
リザンシーパーク谷茶ベイ(山側→海側)4,000円

5,000円(2人分)

■ ロイヤルホスト朝食 (ブランチプレートドリンクバー付き)

2,882円(2人分)

■  1日目夕飯 スーパーかねひで (カップラーメン、刺身など)

2,000円

■ ガンガラーの谷ツアー

5,000円 (2人分)

■ 2日目夕飯 ローソン

2,000円

■ おきなわワールド

4,000円

■ 天龍の沖縄そば

2,000円

■ 紅芋ソフト

300円

 


だいたいの合算ですが 現地観光費用も併せて2人で

315,382円

1人あたり 157,691円

※個人的なお土産代は別

 

昼食を取る必要がなかったり 夕飯も外食を一度もしなかったのも要因で

ラウンジはしご旅という一見無謀とも思えるテーマでも あまり費用がかかりませんでした。

 

今回の旅行の感想&反省

4泊5日の 沖縄旅行を終えての振り返り

 

冬の沖縄は普段な高くて泊まれないホテルが安く泊まれるというのが

最大のメリットなので そのメリットを生かそうということで

今回は リゾートホテルのラウンジはしご旅

というテーマでの旅にしたので ホテルの感想をメインに

してみます

【各ホテルについての感想とまとめ】

1泊目 ユインチホテル南城

滞在時間が短いので ラウンジ利用という条件は外し、
代わりに私達のライフスタイルでもある 温泉に入れるホテルで 更に泊ったことがないところを探しました。

結果としては大満足です

まず温泉が最高! 泉質も凄く良かったし、サウナや水風呂もバッチリ完備
それに景色も素晴らしく 沖縄本島の中でも大人気の温泉のようでした。

更に 1泊目はラウンジ利用の条件を外していたにも関わらず なんと宿泊者が無料で利用できる展望ラウンジがついていたので これも予想外で嬉しかったですね。

宿泊者が誰でも利用できることもあって、お菓子や飲み物の種類はそんなに多くはなく
ラグジュアリーな雰囲気ではなかったけど、景色も良かったし 安い宿泊料でこんな設備があるのは凄いと思いました。

 

2泊目  沖縄ハーバービューホテル

後半に恩納村などの北部のリゾート地のホテルに泊まりたかったので2日目は中部ぐらいでラウンジ利用できるホテルを探しました(予算も低めに)

ラウンジ、ホテルの雰囲気共に満足度の高いホテルでした

場所は予約時には もう少し中部に近いのかと勝手に思っていたのですが
全然那覇市内ど真ん中で 国際通りに近かったのは予想外でラッキーでした。

普通の新しい比較的リーズナブルなプチリゾートホテルなのかな?とも思っていて
それも全然違っていて、元々がANAクラウンプラザホテルで ラグジュアリー感は十分にありました。

なにより、展望ラウンジは メニュー、雰囲気共に良くて、宿の値段の割にこのラウンジを出来るのはかなりコスパが良いと感じました

 

 

3泊目 リザンシーパーク谷茶ベイ

中部~北部の 中堅どころのリゾートホテルでラウンジが利用できる宿を探しました。

全体的なホテルの質は良かったけど、ラウンジが想像とは少し違い 活用できませんでした。
ラウンジをメインに楽しみにしていただけに ちょっとそこだけ残念に思いました。

ただ、予想外で大浴場があったのは嬉しい誤算で これで差引ゼロといった感じです

ビーチは本当に至近距離にあるので ほとんど移動なく海水浴を楽しめることや屋内プール、屋外プールもあり、最低限のリゾートホテルの設備はついていて、宿泊費も高すぎないので費用対効果を感じる宿かなと思います。

 

4泊目 ザ・ブセナテラス

最終日は予算を上げて ラグジュアリーホテルのスイートルームを探しました。
ブセナは3年前の沖縄旅行の時にも迷っていたので今回は早い段階でこちらに決めてました

予想通りの 満足度が得られました

ただ、現在改修工事中だったり まんえい防止期間中だったりとかで
いつも通りのホテルライフが出来なかったりしたので その点は残念でした。

あと クラブコテージまでの移動の往復が自力でなかったので 私達の過ごし方には合わなかったかもしれません。

とはいえ、ホテルのクオリティ ホスピタリティは勿論最高で 人気なのが良く分かります

改装工事が終わった後にまた コテージ以外のスイートを利用してみたいと思いました

 

以上がホテルでの感想

 

【観光スポットについての感想】

・イーアス豊崎

沖縄旅行ではあまりショッピングセンターに行くことは少ないのですが

まだ新しいスポットだったので立ち寄ってみました。

人気のビーチが目の前で メイン道路からは離れた広大な敷地内にあり 解放感は感じました。

沖縄観光!というスポットではないのですが 女子旅、若いカップルや子連れには喜ばれそうな施設でした。

 

 

・ガンガラーの谷

何度も訪れたことのある、おきなわワールドの真ん前にありながら

ようやく初めて訪れたスポットですが

凄く良かったです。

肉体的にもそんなに負担なく 大人も子供も楽しめる場所ですが

階段なども結構あるので 足の悪い方は少し難しいかもしれません

 

・東南楽園植物園(イルミネーション)

こちらは スポットの名前すら知りませんでしたがチラシのお陰で

知ることが出来ました。

イルミネーションも良かったし イベントのショーも楽しめて

充実した時間を過ごせました。

今回はイルミネーションだけの来園でしたが次回は昼間にも来てみたいと思いました

 


こんな感じで 過ごした沖縄本島旅行

 

3年前の 沖縄本島ぐるり1周(パワースポットと温泉巡り)

7泊8日と長めの旅でしたが 今回の方が日数的には短くても気分的には

のんびり ゆっくりと時間が過ぎていきました。

細かいスケジュールを決めなかったこと 観光スポット巡りよりもホテルでゆっくり過ごすのが目的だったことで 気分的にも優雅に過ごすことが出来ました。

 

さあ次はどんなテーマの旅にしようか 楽しみです

最後までお付き合いありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました