スポンサーリンク

■中国地方の全温泉リスト

 中国地方の温泉一覧
島根の温泉
広島の温泉 山口の温泉 岡山の温泉 鳥取の温泉
温泉体験一覧MAP 宿体験一覧MAP junnyの旅行記一覧 お役立ち情報 温泉雑記

■【地域別カテゴリーから記事を探す】

■ お知らせ 新着情報など

・NEW!11月 島根の宿口コミレビュー【湯之助の宿 長楽園】
・NEW!9/28【連休で行く道後温泉グループ旅行】
・9/14【初めてさんの松江&出雲旅行】出雲大社/島根ワイナリー/松江フォーゲルパーク/玉造温泉
・8/10【山口 車中泊温泉旅 一ノ俣温泉】”晴天に映える角島と元乃隅稲成神社
・8/3 【山口の温泉体験レポート】一ノ俣温泉荘
・2019/7/20車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー設計の貸切風呂がある温泉施設【島根】
・ 2019/7/13【山口の温泉体験レポート】柚木慈生温泉 更新
・ 2019/7/6 車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー対応の【島根】の温泉施設 その①
・2019/6/22三朝温泉にある足湯&飲泉が出来るスポット(全5ヵ所)
・2019/6/15夏におすすめ!中国地方の温泉10選更新
・2019/6/14山口周防大島 竜崎温泉体験レポート更新
・2019/6/8広島→有馬温泉&姫路城 車中泊旅 更新
・新着 岡山県の秘湯9選のページ追加しました

・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行2日目 更新
・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行1日目 更新
・2019/5鳥取 はわい温泉&東郷温泉 【七福神の湯】足湯巡り 更新
・2019/5湯の川温泉 ひかわ美人の湯温泉体験レポート 更新
・2019/5/24 上斎原温泉 国民宿舎いつきの温泉宿体験レポート 更新
・2019/5/23 岡山のとろ温泉 天空の湯 温泉体験レポート 更新
2019/5/ 岡山 真賀温泉館 温泉体験レポート

【中国地方 初秋の温泉旅行】3日目”崖に建つ御堂 三徳山&倉敷美観地区”

こんにちわjunnyです。

島根・鳥取・岡山三県をまたがる温泉旅行3日目の記事です。

 

最初から見てない方は1日目からどうぞ↓

 

2日目はコチラ↓

初秋の温泉日記2日目 三朝温泉

3日目は鳥取からぐぐっと南下して岡山は倉敷を目指します。

前日に行けなかった三徳山の御堂をこの目で見れたこと

途中、奥津温泉郷で以前からチェックしていた秘湯に念願かなって入れたこと

やりたいと思ってたミッションを次々とクリアしていきました♪

目次

  1. パワースポット三徳山の投入堂
  2. 奥津温泉郷の秘湯”般若寺温泉”
  3. デニムの地”倉敷美観地区”
  4. 旅のまとめ・費用

 

パワースポット三徳山の投入堂

三朝館での朝風呂と朝食をしっかり堪能してチェックアウト。

この日は一気に南下して岡山は倉敷まで行きます。

そのまえに前日に行く予定だった 三徳山の方へ向かいました。

結構前から相方さんが行きたがっていたところで、崖のふちに建ってる御堂が見ものです。

私自身は この旅行の少し前ぐらいから三徳山のことをテレビで知りました。

それは、感じざるを得ません!の決め台詞が定番となってしまった あばれるくんの都市伝説ロケ。

”日本人が3を崇拝する起源”と題した内容でした。

 

三朝町(みささちょう)にある 三徳山(みとくさん) 三佛寺(さんぶつじ)

三が連なる場所という感じで紹介してました。

内容はあまりハッキリ覚えてなかったけど印象には強く残ってて興味はありました。

 

三徳山に行く途中の道に鳥居があります。

通過することで清められるのかな。

 

駐車場に車を停めると案内板がありました

案内板を見ると目的の 投入堂(なげいれどう)までは山道歩いて一時間ほどかかることが分かりました。

事前準備もなかったので 歩ける格好でもなく近くまで行くのは諦めました。

 

てっきり駐車場から歩いてすぐのとこから見れるとばかり思ってました。

とぼとぼ帰ろうとすると地元の人を見かけたので話しかけてみると、少し先に行くと投入堂が見える展望台があると教えてもらいました。

↓こんな場所 車を置くスペースは3台程度

 

肉眼でも多少見えるけど 望遠鏡を使えばもっとよく見えます。

 

随分と遠いけどなんとか見えました。

 

近くでみるとこんな感じのようです(画像お借りしてます)

※鳥取観光サイトより出典

どうやって建てたんだろう?

この中に入るには一応鎖があってそこから登るらしいのですが、今は一般の人はこの御堂に入れません

(世界一危険な国宝と称されるぐらいの危険度MAX)

 

遠くからだけど貴重なものを拝見させてもらいました。

 

 

奥津温泉郷の秘湯”般若寺温泉”

さあ鳥取を出て岡山に向かいます。

今回行けたら行きたいと漠然と思ってたのが 岡山の山中にある ”般若寺温泉”(はんにゃじおんせん)

もう3年以上前からチェックしていた温泉で、遠いけどマニアックな雰囲気が気になっていつか行ってみたいと思ってたとこです。

なかなか行く機会に恵まれなかったけど、今回鳥取→岡山と移動するに当たり、山中を通るので もし遠回りでなければ行けるかも と期待してました。(土地勘とかはないのでほんとに漠然と)

道中に 鳥取→岡山ルートでは途中いくつか温泉場がありました。

そんな中 奥津峡 奥津温泉郷という地域に入り そこの道の駅に立ち寄ってみます。

 

平日だし、まだ早いのもあって人は あまりいませんでした。

でも紅葉の時期はめちゃめちゃ混んでたという情報もあります。

 

ひらめ焼き?? ひらめって 海魚では?と思ったら 川魚のアマゴのことをこの辺ではヒラメというそうです。

鯛焼きみたいな感じでしょうかね。

 

トイレ休憩を済ませて

ここでナビで般若寺温泉を検索すると 近い!

道の駅から般若寺温泉までたったの5分でした!

 

ナビ通り行くと 更に山奥の方へと続く道へと案内されます。

少し分かりにくいけど 小さな小屋みたいな駐車場が川側にありました

そこに車を停めると 下に降りる階段があるのでそこを降りていきます

この登り旗が目印です↓

 

この民家に住んでる方がオーナーさんです

番犬のわんちゃんが出迎えてくれます。

 

川に面した露天風呂が最高の気持ち良かったです↓

詳細は温泉体験記の方の記事に書いてます↓

 

この日は早朝の三朝温泉 そして奥津温泉 贅沢ですね~

夜は人工温泉だけど一応大浴場付のホテルなので、それも楽しみです。

 

デニムの地”倉敷美観地区”

やっとこさ倉敷市内に着きました。

奥津温泉から倉敷まででも2時間はかかりましたね。

まずは定番の 三井アウトレットパーク に立ち寄り。

平日なので人もまばら。

セールはもう少し後であることを後で知りました。

セール期間中はもっと賑わってることでしょうね。

 

特に買うものもないけど チェックインまでには時間があるので隣りのショッピングセンター 倉敷アリオの方にも行ってみました。

駐車場代は平日なら3時間は無料なので気軽に停められますね。

(土日祝は1時間無料で以後買い物金額に合わせてサービス)

 

時間が来たのでホテルへ向かいました。

美観地区のすぐ近くに建つ 倉敷駅前ユニバーサルホテル

私自身はここは2回目のリピート。

安さと食事付なのが魅力のホテルです。

倉敷・リーズナブル・食事付・大浴場付

この条件で探すと、こちらのホテルともう一つ同じくお気に入りのホテルチェーン スーパーホテル倉敷がありましたが、美観地区とアウトレットモールからは遠かったのでこちらにしました。

 

チェクイン後 まずはお風呂(大浴場)に入り それから美観地区まで行ってみました。

 

徒歩ですぐなのも嬉しい。

倉敷という名前の通り 倉のような建物が立ち並ぶ素敵な街です。

江戸~明治時代を思わせるような街並みに雑貨屋さんや美術館があり、しっとりと風情を味わえる 倉敷の代表的な観光名所です。

それにしてもデニムまんに デニムソフトって・・・凄いネーミングですね。

ネタとして食べてみればよかったかなぁ。

 

あと倉敷といえばデニムの発祥の地ということで 職人技が光るデニム屋さんもあります。

2階が星野仙一記念館 幼少期の頃の様子や現役の活躍ぶりなどの展示がされてるようです。

この方は倉敷の方だったんですね~。

(※2018/1/4に星野仙一さんが永眠されました ご冥福をお祈りします)

この日は天候もイマイチ、時間的にも船が終わってたりと あまりいいショットの機会がなかったけど、桜の時期や 紅葉の時期 また冬の雪景色なんかも素敵な写真が撮れそうですね

 

ホテルに戻り 無料の夕飯を頂き その後近くの居酒屋に行ってみました。

何度も道を往復して 決めたのが お安い居酒屋チェーン店の 村さ来。

なつかしい~ まだあったんですね。

まだ20歳ごろに 住んでた近くにあったので身近に見てたけ ど当分見かけることがなかったのでもうないのかと思ってました。

 

夕飯でお腹を太らしてきたので 軽く乾杯~

おつまみは イカのオカカマヨ和えと唐揚げのみ。

最終日の夜はさみしいものです・・・。

ホテルに戻り、また風呂に入って3日目の活動は終了~(今日何回お風呂に入ったんだろう?)

※ホテルの体験記は後日リンク貼りますね

旅のまとめ・費用

4日目最終日は 帰るだけです。

いつも最終日は 特に立ち寄らずに直行で帰ることが多い私達です。

立ち寄れる場所がないわけではないのですが、最終日は気分が終了モードになってるし、少しでも近い場所は普段の日帰り遊びやプチ旅行の時に取っておきたいので とっとと帰ります。

ということで 旅のまとめに入りますね~

旅の日程

1日目 広島→松江宍道湖

サウナ25 宿泊

 

2日目 松江→妻木晩田遺跡→大山 火の神岳温泉足湯→三朝温泉株湯

三朝館  宿泊

 

3日目 三朝温泉→三徳山→般若寺温泉→三井アウトレットパーク→倉敷美観地区

倉敷駅前 ユニバーサルホテル 宿泊

 

費用

宿代

サウナ25        7,560円

三朝館         21,800円(半額価格です)

倉敷ユニバーサルホテル  8,140円

小計  37,500円

 

食事代

ラーメン        1,000円

居酒屋         3,000円

コンビニ        1,000円

 

小計 5,000円 

 

その他

ガソリン    4,000円

般若寺温泉   2,000円

小計   6,000円

 

合計 48,500円 (1人24,250円)

 

入った温泉(入浴施設)

・ サウナ25 (岩盤浴・サウナ)

・ ユニバーサルホテル (人工温泉 鳳凰の湯)

 

・大山 火の神岳温泉(足湯)

・三朝温泉 株湯  (足湯)

・三朝温泉 三朝館 (大浴場・露天風呂)

・奥津温泉 般若寺温泉(内湯・露天風呂)

移動ルート&距離

1日目 広島から三次東ICまで54号線ルート。そこからやまなみ街道で松江まで

移動距離 約170km

 

2日目 松江駅前から出発 山陰道で一旦淀江ICで降りて大山に立ち寄り、また山陰道を最終地まで乗り、倉吉市内を通って三朝へ

移動距離 約120km  (※実際は迷ってしまいプラス7kmオーバー)

 

3日目 三朝から国道を通って倉敷方面へ 途中 奥津、久米南 総社を通過して倉敷に

移動距離 約122km

 

4日目 最後 倉敷から広島まではひたすら国道二号線で移動

移動距離 150km

 

合計 概算 約562km

 

いつもは相方さんと交代で運転するのですが、今回は私の腰痛も良くなってたため全部運転させてもらいました。

元々は運転が好きで長距離も平気でしたがここ数年は少々面倒になってました。

また運転の楽しさを再確認しましたね~。

 

3泊4日の3県にまたがる温泉旅行

有名どころの三朝温泉をメインとした温泉旅行でしたが、大浴場付のホテルにしたり立ち寄り湯 立ち寄り足湯なども入り、まさに温泉三昧の旅となりました。

費用も 有料道路も使わなかったので3泊4日にしては安く出来たのでは?と思います。

三朝館も今回はグルーポンで2万のところを半額の1万で泊まれたので安くグレードの良い食事で満足度も高かったです。

 

旅の終わりはさみしいけど、帰り際に次の旅行を考えることで紛らわしてます。

この時はすでに年末の 西表島&石垣島旅行の予約が済んでいたので いつもよりは落ち込みも少なかったです。

 

中国地方 初秋の温泉旅行 1日目

中国地方 初秋の温泉旅行 2日目

 

▲目次に戻る