スポンサーリンク

■中国地方の全温泉リスト

 中国地方の温泉一覧
島根の温泉
広島の温泉 山口の温泉 岡山の温泉 鳥取の温泉
温泉体験一覧MAP 宿体験一覧MAP junnyの旅行記一覧 お役立ち情報 温泉雑記

■【地域別カテゴリーから記事を探す】

■ お知らせ 新着情報など

・NEW1/25更新【2020宮古島旅行6日目 熱帯植物園 旅のまとめ】
・NEW!1/24更新【2020宮古島旅行5日目シギラリゾート満喫/黄金温泉】
・NEW!1/18更新【2020正月宮古島旅行4日目与那覇前浜/栗間島】
・1/15更新【2020正月宮古島旅行3日目大神島/伊良部島】
・1/11更新【2020年正月沖縄宮古島 ”温泉とリゾートホテルで過ごす旅”2日目】
・1/9更新【 2020正月 沖縄宮古島”温泉とリゾートホテルでのんびり過ごす旅”1日目】
・12/14 更新 山口県のバリアフリータイプの貸切風呂がある温泉施設
・11月 島根の宿口コミレビュー【湯之助の宿 長楽園】
・9/28【連休で行く道後温泉グループ旅行】
・9/14【初めてさんの松江&出雲旅行】出雲大社/島根ワイナリー/松江フォーゲルパーク/玉造温泉
・8/10【山口 車中泊温泉旅 一ノ俣温泉】”晴天に映える角島と元乃隅稲成神社
・8/3 【山口の温泉体験レポート】一ノ俣温泉荘
・2019/7/20車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー設計の貸切風呂がある温泉施設【島根】
・ 2019/7/13【山口の温泉体験レポート】柚木慈生温泉 更新
・ 2019/7/6 車椅子や介護が必要な人も安心バリアフリー対応の【島根】の温泉施設 その①
・2019/6/22三朝温泉にある足湯&飲泉が出来るスポット(全5ヵ所)
・2019/6/15夏におすすめ!中国地方の温泉10選更新
・2019/6/14山口周防大島 竜崎温泉体験レポート更新
・2019/6/8広島→有馬温泉&姫路城 車中泊旅 更新
・新着 岡山県の秘湯9選のページ追加しました

・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行2日目 更新
・2019/5/岡山.鳥取.島根の温泉&足湯はしご旅行1日目 更新
・2019/5鳥取 はわい温泉&東郷温泉 【七福神の湯】足湯巡り 更新
・2019/5湯の川温泉 ひかわ美人の湯温泉体験レポート 更新

2020年正月 【冬の宮古島5泊6日 温泉&リゾートホテルでのんびり旅】”2日目 バイクで移動 初詣&宮古島周遊”

こんにちわjunnyです。

2020年 正月 宮古島旅行日記2日目の記事になります。

一日目はこちら↓

初日は夕方に到着でほぼ観光できなかったので2日目からがスタートという感じです。

この日はバイクをレンタルして島をぐるっと回るという日程でした。

去年、一昨年の沖縄本島、石垣島では借りなかったので久々の南国でのバイクツーリングを楽しみました★

目次

  1. ホテルライジングサンで迎える朝
  2. 宮古島でレンタルバイクを借りる
  3. 出だしは順調~と思いきやバイクトラブル
  4. バイクで回った移動ルート
  5. 本日のお宿 ”宮古島温泉ホテル”

1.ホテルライジングサンで迎える朝

初日の出 ではないけど宮古島に到着して初めてのサンライズ

今日もいい天気になりそう~

 

ホテルライジングサンでの朝食ブッフェ

今回この宿をチョイスした理由の一つにこの朝食もありました。

もう一つ候補にあったホテルも安かったし利便性も高かったけど、朝食比較でコチラに軍配があがりました。

ビジホの割には安っぽくなく美味しかったです。

 

2.宮古島でレンタルバイクを借りる

さあ今日の予定ではバイクを借りて回ってみようと計画してました。

いろいろ調べた結果 年中無休で大型バイクもあるBIG JOYさんをチェック。

前回は事前にレンタルバイクは予約していたのですが、天気がぎりぎりでないと分からなかったし体調や気分もあるので今回はあえて予約はしてませんでした。

夏場なら予約が埋まるかもしれないけど冬だし離島だから大丈夫かな~と思ったのもありますね。
で いざ目的のバイク屋さんに近づいてきたときにやっぱり不安になってきて電話をかけてみると なんと あと一台しか空きがない との返事

ギャーー
危なかったです。。。。ギリギリセーフでした。

この 建物のななめ前に建物があります。

 

黄色い BIG JOYの看板が目印です。

駐車場はこの真裏にあります。 結構広いので駐車できないことはないさそうです。

希望の400ccはなく 250ccですが なんとか借りることが出来ました。
でもヘルメットが先着順で程度の良いものがもうなくて ちょっぴりボロい半ヘル。(でも安全上は問題なし のはず)

無事に手続きを終えて 出発~

 

3. 出だしは順調~と思いきやバイクトラブル

①漲水御嶽・宮古神社

まずは 宮古島に到着したら行っておきたい場所 漲水御嶽(はりみずうたき) そして初詣としてすぐ隣にある宮古神社へ向かいます。

こちらが漲水御嶽。

 

手水舎の前に小さなニャンコ。

前回も可愛いニャンちゃんがいたので この辺りも野良ニャンちゃん多いみたいですね。

 

漲水御嶽のすぐそばには宮古神社。

この日は1月3日(金) そんなに混雑もないですね。

でも一応まだ三が日なので 屋台も出てます。

【漲水御嶽 宮古神社までのアクセスや駐車場】

宮古神社の方に駐車場があり10台ぐらい停められるのですが 年末年始は難しいので徒歩5分程度の平良港の方に停めるようになってます。

前の時は警備のおっちゃんに誘導されて階段下のちょっとしたスペースにバイクを停めることが出来ました。
今回は到着した場所が違っていたので漲水御嶽のすぐそばの隅っこに置かせてもらいました。

でも普通のレンタカーだと やはり路駐は迷惑なので 平良港に停めるようにした方がいいですね。

②砂山ビーチ

お次は砂山ビーチ

前回は曇ってたけど今回は晴天に恵まれました。

 

すこーし雲が広がってきたけと海の色は綺麗

 

前回よりは雲も少なくて海の色も綺麗です。

 

ただ、残念なことに一番写真映えするメインの岩場のアーチは立ち入り禁止になってました↓

昨年9月の台風の影響でしょうね・・・ 残念ですが安全の為には仕方がありません。

今回は他にも台風の影響をかいまみる事がありました。 それはまた別の記事にて書きますね。

 

③雪塩製作所

そしてお次に向かったのが 雪塩製作所

3年ぶりだけど 前回との違いにすぐに気が付きました。

 

こちらが2017年の正月。外壁の塗装が変わってるのと アブローチもタイル貼りみたいになってます。

リニューアルしたんですね。

そもそもがそんなに古くはなかったので 内装はそんなに変化はない感じでした。

雪塩製品やお土産はいろんなところで販売はされてますが ここでしか買えないオリジナルパッケージなどもあるので一度は訪れてみる価値ありです。

池間大橋・池間島

西平安名崎も寄ってみようかなと思ってましたが いつ天気が崩れるか分からないので先を急いでバイクで一番行きたかった池間大橋へと向かいました。

橋を渡る手前右側にちょっとした撮影スポット(池間大橋駐車場)があり そこに立ち寄りました。

時々太陽が雲に隠れるので 太陽が顔をのぞかせた瞬間に撮影

 

せっかくなのでバイクと撮影(運転は相方さん)

この日は22℃ぐらいで観光するには薄手の長袖かTシャツでもOKですがバイクはさすがにちょっと温かくしておいたほうが良いです。

若い人はTシャツでも大丈夫かもしれませんが 夕方になると寒くなるのでご注意を

私はベストのダウンが重宝しました。

バイクトラブル発生!

撮影と休憩を済ませて さあ一番メインでもある 池間大橋を渡ろうとエンジンをかけると

チュチュチュチュン チュン・・・チュ・・・スコン

あら

エンジンがかかりません。

何度やってもダメ。 どうもバッテリー上がりのようです。

私はバイクに詳しくないので分かりませんが 特にバッテリーが上がるような操作はしてないとのことです。

5分ほど前までは普通に乗れていたバイクが突然乗れなくなってしまったのです。

ああ・・何という事でしょう・・・・。

すぐにレンタルバイク屋に電話すると 違うバイクと交換しますと すぐに対応してくれました。

違うバイクって このバイクが最後の一台じゃなかったのかな?と思ったら 従業員用が使用するバイクでレンタル用ではないものがやってきました。

400ccから250ccのバイクになってしまったけど まあ乗れたらいいので十分です。

事故が起きたりケガや水難に遭ったわけではないので 全然たいしたことはないですね。

旅先のハプニングも思い出の一つ。

約1時間のタイムロスも “時間に追われずに のんびりしようよ~” というメッセージなのかもしれません。

 

気を取り直して池間大橋を渡りました

溜息が出るほどの池間大橋から見る景色。

 

いつもは このお土産屋さん 海美来(かいみ~る)までで終わりですが 今回は池間島を散策してみようとそのまま先まで進んでみました。 が・・・目的のハート岩などの入口も見つけられず 途中でUターン。

いろいろ撮影スポットも調べてたけど 行くことが出来なくて残念。

 

伊良部大橋

次は新城海岸の前を通って東平安名崎方面へ行こうかと予定してたけど やっぱり天候が心配で 太陽が出てるうちにと 伊良部大橋の方へ向かいました。

橋の手前にはショップ

あれ?

なんか違う?

三年前の画像と見比べてみると

橋の駅 んみゃ~ち という売店が無くなってました。

確かに店内も狭かったけど まだ新しかったし、伊良部の中にはいわゆるお土産屋さんみたいなのはないので利用する人もそこそこいたのでは?と思ったんですけどね。

見事に建物ごと消えてしまいましたね。

 

伊良部大橋は無料の橋では日本一の長さを誇ります(2020年時点)

しかも南国特有の美しい海も合わさって まさに絶景スポットでもあります。

海の色が特に綺麗なのは伊良部大橋を渡りきる手前ぐらいの伊良部島周辺。

なかなかスマホだと美しい色が感じられないけど実際の肉眼ではもっと綺麗に見えますよ~。

 

橋を渡りきると 宮古島でお馴染みの まもる君

 

バイクなので撮影もしやすくて いいポジションで撮れました。

実は今回 このまもる君を全部撮影するという いわゆる 『まもるくんコンプリート』というのを計画してました。

またそれについては後日記事をUPしますね。

伊良部島内はこの日はぐるっと回るだけにして また橋を戻りました

比嘉ロードパーク

次は東平安名崎へと向かいました。

ルートは海沿いではなく山の中を通って反対側の海へと出ました。

道中で見つけた 展望スペースを発見

何度か訪れたことがあったけど のちに調べたら

比嘉ロードパーク という名前でした。

名前は聞いたことがあったけど ここのことだったんですね。

トイレと休憩スペース 駐車場も結構広いです。

 

確かに綺麗ですね~

売店などはない分 人もそんなに多くなく静かに過ごせるので穴場的なスポットかもしれません。

東側なので 朝日も見れるし 夜は星空がよく見えるそうです。

東平安名崎

ロードパークから約15分ほどで東平安名崎に到着。

宮古島観光のト定番 東平安名崎の灯台。

晴天ですが 空の色は少し薄く感じます。

灯台の上からではなくても景色は美しいですね。
余裕がある方はせっかくなので灯台に登ってみるとよいですね。

日本百景にも選ばれるほどなので その絶景に溜息か出ることでしょう

 

到着したのが夕方4時頃。

どちらかといえば午前中 早い時間帯の方が朝日が見れたりして人が多いかもしれません。

まだ三が日なので駐車場は8割ぐらいは埋まってましたが大混雑ということもなくゆとりはありました。

4.バイクで回った移動ルート

もう夕方になったので バイクを返却して この日一日の観光は終了です。

バイクで回ったルートなど振り返ってみます。

 

9時半頃 レンタルバイク屋さんBIGJOY出発

10時前頃 ①漲水御嶽 ②宮古神社参拝

10時20分頃 ③砂山ビーチ 

11時頃  ④雪塩製作所で買い物

11時20分頃 ⑤池間大橋駐車場

[ バイクトラブルで約1時間のタイムロス ]

12時半 ⑥海美来に立ち寄り
※池間島の灯台付近まで移動するもそのままUターンでまた橋を渡る

13時20分頃 ⑦伊良部大橋
※伊良部島の島内を少しだけ回ってまた橋を渡る

15時20分頃 ⑧比嘉ロードパーク

15時40分頃 ⑨東平安名崎

17時頃 バイク返却

距離にしたら約130km前後

本来なら海をメインに宮古島の外周をぐるりというコースがスタンダードだと思いますが、今回は別の目的でもある ”まもるくんコンプリート”をするため こんなコースになりました。

池間大橋手前でのタイムロスも痛かったですね

 

 

5.本日のお宿 ”宮古島温泉ホテル”

バイクを返却し宿へと向かいます。

この日も夕飯はついてないのでマックスバリューでお弁当やお酒などを購入しチェックインを済ませました。

本日のお宿はこちら↓

※宮古島温泉ホテルの宿口コミレビュー記事はまた後日作成します

チェックイン後にするのは もちろん ”温泉”

今回の旅のテーマでもある温泉に入るためにこのホテルを予約したようなもの。

ただ、ここのお風呂は21時までなので 早くチェックインしておかないと2回入るのは難しいこと。

この日の日程がバイク遊びだったので 早くに返却するのも勿体なくて宿に着くのが遅くなりました。

ちょっと誤算でしたね。

あと、宿は今度リニューアルする予定で 夕飯の提供 そして温泉の有料化(宿泊客は500円)またはさんぴん茶か缶ビール1本のサービスに変更となりました。

いわゆる温泉宿のような利用の仕方をするホテルではないのですね。

まあ それでも泉質の良い温泉に入ることが出来てよかったです。
※温泉についての体験レビューは宿レビューと併用して書く予定です。

風呂が出るとテレビ見ながら夕飯のお弁当を食べて床に就きました。

 

3日目に続く↓

▲目次に戻る

 

【2020年 正月 宮古島旅行 全記事一覧】